バーで1日の終わり...男は癒しを求め、女は出会いを求めている

出会い

男は癒しを求めて、女は出会いをもとめて訪れるのがバーだ。細長いカウンターに腰をおろし、1日の疲れをふっと軽くしてくれる。まっすぐ家に帰るにはちょっと後ろ髪惹かれる思い。そして邪険に扱われるだろう数時間先をなんとか遠ざけたい。そんな思いの男たちに、バーカウンターの向こう側にいる女性は優しく包み込むように接してくれる。いろんな愚痴を言ううちに、もう1杯がもう3杯ぐらいになったころ、ほろ酔いですべてを忘れて帰宅する。

高いヒールにワンピースの夜はなんとなくそんな気分

これは女だって一緒だ。愚痴をバーカウンターの向こうにいるマスターにそれとなく聞いてほしい。悩みごとを聞いてほしい。おしゃべりできる空間を求めて、つい足が向いてしまう。けれど、そこに男女ともに下心はある。バーは出会いの場所だからこそ、女は少しおしゃれにしていた時に行きたい気分になる。心の底からお酒で憂さ晴らしをしたくても、ジーンズに毛玉のできたセーターではバーに行く気分にはならない。ちょっと高いヒールの靴でも履いていて、ワンピースなんかを着ている夜に行きたくなる。

だけどここに大きな壁が立ちはだかる。それはバーでは癒しきれない肉体的な疲れ。高いヒールをはいていたら、足はもうむくみでパンパンになり、足の親指と小指は圧迫されて真っ赤に腫れあがっている。一刻も早く靴を脱いで、タイツやパンストも脱ぎ去りたい!そんな肉体的な疲れと精神的な疲れ、どっちを先に癒したいだろうか。断然、肉体的な疲れだと私は思う。

そりゃ、バーに行けば素敵なメンズに会えるかもしれない。その可能性が0%だとは、店に行ってみるまではわからない。その出会いを見捨てるか、それとも己の足の疲れを癒すほうが先か。これは結構大きな問題だ。

[続き]「ママのドジ」がうれしくてしょうがないカウンターのおじさん2人
1
出会い

今月の特集

今月の特集

ランキング

人気の写真・動画

TBMおすすめサイト

  • 世界のファッションが集まるマーケットモール | ファッション通販waja(ワジャ)