お金の貯まるカード活用術
“ポイントの達人”こと株式会社ポイ探の代表取締役・菊地崇仁さんが、ポイントカードやクレジットカードの賢い使い方をわかりやすくレクチャー。読んだら必ずお金が貯まる、目からウロコのカード活用術です。
2020/8/26

いよいよマイナポイントが開始! お得なキャッシュレス決済は?

お金の貯まるカード活用術 マイナポイント

7月から事前登録が始まったマイナポイント事業ですが、いよいよ9月から本格的に開始します。マイナポイントって何? まだマイナンバーカードを発行していない、マイナポイントの登録をしていない、と言う場合も安心してください。まだまだ間に合います。

今回は、マイナポイント事業のおさらいと、お得なキャッシュレス決済を紹介したいと思います。

自治体などで独自上乗せも

簡単なおさらいです。マイナポイント事業は、マイナンバーカードにキャッシュレス決済サービスを紐付け、9月から2万円を利用する、または2万円をチャージすると25%の5000円分のポイントを獲得できる事業です。最大5000円までですので、3万円利用しても10万円利用しても還元されるのは5000円分のポイントまで。

登録するキャッシュレス決済サービスによってポイントの獲得できるタイミングやポイントは異なりますのでよく確認しましょう。

マイナポイント事業は来年3月末までが対象ですので、まだマイナンバーカードを持っていない場合でも十分に間に合います。

なお、マイナポイント事業とは別に、それぞれのキャッシュレス決済事業者で独自の上乗せを行っている場合もあります。

例えば、WAONイオンカードイオン銀行CASH+DEBITカードをマイナポイントとして登録すると、最大5000円分のポイントに加えて、イオン独自で最大2000円分のWAONを獲得できます。

ドコモのd払いでは、9月30日までにマイナポイントに登録すると1500円分のポイントを獲得できます。さらに、9月以降にd払いを利用すると利用額の5%分(上限1000円分まで)を獲得できるため、合計2500円分のdポイントが上乗せされます。

上乗せポイントは「もれなく」の場合と「抽選」の場合、「先着」の場合などがありますのでよく確認してください。

また、マイナポイント事業の期間とは異なる期間が設定されている場合も多いです。大部分のキャンペーンは出揃ったはずですので、8月末までにマイナポイントを登録するのがおすすめです。

さらに、自治体で上乗せする場合もあります。

>兵庫県の三木市では、マイナポイントとして楽天EdyまたはPayPayを登録し、市内の対象店舗で利用した場合に「みきマイナ」を上乗せするキャンペーンを実施します。

(三木市公式サイト内、みっきぃとくとく・マイナポイント紹介ページより)

みきマイナは、25%(上限5000円分)のポイントが上乗せされるため、マイナポイント事業の5000円分のポイントと合わせると、なんと50%還元となるわけです。

最大で2万円利用すると1万円戻ってきます。新型コロナウイルス感染症の影響により、ダメージを受けた自治体内のお店を救済するのが狙いです。

滋賀県でも同様の取り組みがあります。対象キャッシュレス決済サービスを登録し、チャージや利用すると「滋賀応援ポイント」として5%(上限1000円分)の上乗せがあります。

自治体名+マイナポイントで検索してみましょう。

* 記事内容は公開当時の情報に基づくものです。

[続き]マイナポイント事業の注意点は?
1

人気キーワードHOT

特集SPECIAL

特集

Instagram