2020/6/16

行き場を失った「稲庭うどん」1キロ2298円から、送料無料! コロナで特別販売。

コロナ対策いろいろ フードロス

調理例

秋田の名産「稲庭うどん」を取り扱う「雪の出羽路茶屋」(秋田・湯沢)では、新型コロナウイルスの影響で抱えた在庫を格安価格で販売しています。

老舗料亭などでも愛されてきた逸品

日本三大うどんの1つに数えられる「稲庭うどん」は、なめらかな舌ざわりとツルツルとしたのどごしが特徴です。

澄んだ空気ときれいな天然水に恵まれた秋田県湯沢市で創業40年、従業員2人で営む「雪の出羽路茶屋」の稲庭うどんは、完全手造り製法。老舗料亭などでも愛されてきた逸品です。

そんなこだわりの稲庭うどんもコロナで行き場を失い、今回税込み特別価格・送料無料のセットを展開しています。

たとえば、お土産用として秋田の観光地に出荷する予定だったうどんが「1.2kg(600g×2袋)」で3000円。通常、秋田の観光地のみでしか買えない商品です。期限は約2年ですので保存食としても〇。

商品レビューでは「味、コシ、のど越し共に気に入っています」「美味しくいただきましたし、長期保存に適しているのも嬉しい」「本当にツヤツヤもっちりで美味しい」といったコメントが寄せられています。

ほかにも、味は変わりないものの、麺が太かったり細かったり曲がったり、まれに折れていたりする「規格外」1kgを2298円、グラムや長さの異なる6袋が入った「行き場を失ったお土産6点セット 詰め合わせ」5000円などもラインアップされています。
※上記はすべて2020年6月16日現在の販売状況。

「行き場を失ったお土産6点セット 詰め合わせ」

賞味期限は各商品により異なりますが、乾麺ですのでたいてい長め。たくさんあってもゆっくり味わえますね。

「雪の出羽路茶屋」のネットショップで購入できます。

画像は「雪の出羽路茶屋」ネットショップより。

* 記事内容は公開当時の情報に基づくものです。

合わせて読みたい!

特集SPECIAL

特集

Instagram