2020/4/ 2

「繋がらない」アイリスオーヤマのマスク販売 購入に成功した記者の体験レポート

コロナ対策いろいろ

「美フィットマスク」などで知られるアイリスオーヤマ

生活用品大手の「アイリスオーヤマ」(本社・仙台市)がマスクの生産・普及に尽力しています。メーカーでは珍しい直販も行っています。

ここ最近は、毎日13時ごろから数量限定でマスク(7枚×2セット)を販売しており、販売サイトにアクセスが殺到しています。

ツイッターではマスクを購入できた喜びも見られるなかで、「全然繋がらない」「何度も挑戦しているけど買えない」といった声も相次いでいます。

そんな中、東京バーゲンマニア記者は2日間、サイトからの購入を試みて、なんとか2日目(2回目)でマスク購入できました。その経験をレポートします。

事前準備が大事

フル稼働を続ける中国・大連工場のマスク生産ライン

アイリスオーヤマは現在、中国の大連工場と蘇州工場の2拠点において、24時間フル稼働でマスクを生産し、月に約8000万枚を日本国内に供給しています。さらに、日本国内の生産設備導入により、2020年6月から月に約6000万枚のマスクを新たに生産できるように、体制を整えています。合わせて1億4000万枚と、国内のマスク不足解消に尽力してくれています。

政府や日本赤十字社にマスクの寄付も行っています

そんなアイリスオーヤマは公式通販サイト「アイリスプラザ」でも、同社のマスクを販売しています。記者は2020年4月2日、このサイトでマスクを購入することができました。

記者個人の話ですが、ここ数日ストックしていたマスクが底をつき、マスク不足は深刻化――。そういった事情もあり、すがる思いでPCの前に座りました

1日に試みるも、サイトにアクセスが叶わず、15時過ぎにようやく繋がりましたが、マスクはすべて在庫切れ......。この経験をもとに2回目の挑戦に向けて、"事前準備"を行いました。

まず大前提として、「アイリスプラザ」の会員登録を済ませておくことが必要です。無料、有料の会員がありますが、記者は無料会員になりました。氏名、住所、メールアドレスなどの登録が必要です。サイトには夜から朝が、比較的アクセスしやすくなっています。

そして、次に行ったのは、アイリスプラザとマスク販売ページのブックマークです。

(画像はアイリスプラザのトップページ)

アイリスプラザ
https://www.irisplaza.co.jp/

アイリスプラザのマスク販売ページ
https://www.irisplaza.co.jp/index.php?KB=KAISO&CID=4065

アイリスプラザとトップページには、マスクの販売ページに案内するバナーがあります。販売ページには、購入にあたっての注意事項が記載されているので、あらかじめよく読んでおきましょう。

* 記事内容は公開当時の情報に基づくものです。

[続き]必要なのは「時間」と「根気」と「指ポチ」
1

特集SPECIAL

特集

Instagram