2020/3/28

「嬉しい」があふれた、待望の植物生まれなプッチンプリン。味やカロリーは?

プッチンプリン史上初! 卵・乳、動物原料を使わない「植物生まれのプッチンプリン」が2020年3月16日に発売されました。

味やカロリーについてレビューします。

大豆・アーモンドは含む

江崎グリコから発売された「植物生まれのプッチンプリン」は、プッチンプリンブランド史上初の植物原料のみで作った新しいプッチンプリンです。

「植物生まれのBigプッチンプリン」

豆乳やアーモンドペーストでコクときび砂糖を使ったやさしい甘さや、プッチンプリンの「プルルン」食感など、美味しさにもこだわり仕上げた一品。

卵・乳アレルギーを持つ人たちとも一緒にプリンを楽しめるのが嬉しいですよね。

「植物生まれのプッチンプリン ファミリーパック」

SNSやグリコのツイッターリプライ(返信)欄にはこんな喜びの声が相次ぎました。

「こういう商品の発売とってもありがたいです」
食べる楽しみ選択が増える!」
「嬉しいです 憧れのプリンが食べられるなんて!!」

また、アレルギーをもつ人や家族のほかに、ベジタリアンやヴィーガンの人たちからも喜びの声があがるなど、多くの人から歓迎されている様子がうかがえました。

中には「アレルギーとか関係なく、深夜の罪悪感も薄くなるかも...」といった声も。しかし、カロリーに関しては、通常の3連プッチンプリンが1個95キロカロリー、植物生まれのプッチンプリンが1個89キロカロリーなので、残念ながらあまり大差はありませんでした......。

一方、味は「私は植物生まれの方が好き」「後味は普通のよりスッキリしてるけどちゃんとプッチンプリンで感動した」と好評の声が目立ちました。

ファミリーパックのうちの1つ

実際食べてみると、甘さが思ったよりしっかりしており、プルプル食感、さっぱりした後味で、とても食べやすかったです。

ただし、アレルギーフリーではありません。アレルゲンとして大豆・アーモンドを含む点にご注意ください。

希望小売価格は「植物生まれのプッチンプリン ファミリーパック」(65g×3個)が200円「植物生まれのBigプッチンプリン」(155g)が140円です。

* 記事内容は公開当時の情報に基づくものです。

合わせて読みたい!

特集SPECIAL

特集

Instagram