2020/2/18

静岡市民のソウルフード「おでん」を味わい尽くす

2020年3月13日から15日まで、葵区役所前青葉シンボルロード(静岡市葵区両替町2丁目)にて「静岡おでん祭2020」が開催されます。

おでんの豊かな食文化を再発見

おでんは地域の風土を色濃く反映した、その土地ならではのソウルフード。 その素朴な味わいは常に懐かしく、心も体もあたたまるものです。

たとえば静岡おでんは、真っ黒スープに黒はんぺんが入り、ダシ粉をかけて食べるもの。大人から子供まで親しまれ、学校帰りに駄菓子屋で食べたおでんの味が忘れられない静岡市民も多いのではないでしょうか。

そんな「静岡おでん」は全国的な認知を得つつありますが、全国には静岡市民がまだまだ知らないお店、未体験の味がたくさんあるはず。「おでん」の豊かな食文化、そのおいしさを再発見できるイベントです。

入場無料。開催時間は10時(13日は16時)から21時(15日は18時)までです。

* 記事内容は公開当時の情報に基づくものです。

特集SPECIAL

特集

Instagram