2020/1/29

苫小牧の冬のお楽しみ。スケートや「しばれ焼き」を楽しもう

2020年2月1日と2日、中央公園(苫小牧市若草町2-3)にて「第54回苫小牧スケートまつり」が開催されます。

よしもとお笑いライブやスープ無料配布も

イルミネーションスライダーやスケートボブスレーなど、冬の遊びを楽しみながら、さまざまなステージイベントやグルメが楽しめる、苫小牧の冬のお楽しみイベントが今年も開催されます。

中でも目玉は第1回スケートまつりから楽しまれており、今ではすっかりまつり名物になっている「しばれ焼き」。ドラム缶を加工した焼き台で味わうジンギスカンで、もとは雪像やリンクを作る自衛隊員をねぎらうためにドラム缶の上で焼いたものを一般にも提供したのが始まり。今ではすっかりまつりのイベントの一つとなりました。しばれる(寒い)中で焼いて食べることから付けられたその名のとおり、厳寒の中で豪快に焼いて味わう肉の美味しさは格別です!

また、よしもとお笑いライブや抽選会、スープの無料配布サービス、市民雪像コンテストなど、楽しいイベントも盛りだくさんです。

入場無料。メインイベントのしばれ焼き会場の開催時間は10時から18時30分(2日は17時30分)までです。そのほかイベントによって開催時間が異なりますので詳細は公式サイトを確認して下さい。

* 記事内容は公開当時の情報に基づくものです。

Instagram