2019/12/23

「考えた人天才」「めちゃうま」 2019年激売れしたファミマのスイーツ、いっき見せ!

コンビニ好きさんと繋がりたい

2019年はコンビニスイーツのヒットが豊作でしたね。中でもファミリーマートの「スフレ・プリン」はシリーズ累計販売個数1600万個を誇る空前の大ヒットとなりました。

東京バーゲンマニア記者はファミリーマート本社を直撃し、スイーツの開発担当者に「スフレ・プリン」をはじめとする2019年のヒット商品と、そのこだわりを聞きました。

人気商品のコラボが大ヒット

「スフレ・プリン」(278円)といえば、ふわふわ食感のスフレと、とろける食感のプリンが一度に楽しめるハイブリットスイーツ。発売当初から「めちゃうま」「考えた人天才だと思う」などと、SNS上でも絶賛の声が相次ぎました。

ではいったい、どのようにしてこの「スフレ・プリン」は誕生したのでしょうか。それは、約1年前にさかのぼります。

ファミリーマートは2018年11月にプライベートブランド「ファミマスイーツ」をリニューアル。「原料・製法にこだわった、専門店のように本格的な手作りスイーツ」をコンセプトとして、ブランドの柱となる商品として発売したのが「スフレ・プリン」でした。

「当時はブリュレ×クレープ、ティラミス×パンケーキなど、2つを掛け合わせるハイブリットスイーツのようなものが流行っていました。当時ファミリーマートのスイーツで人気だったチーズスフレとプリンを合わせてみようと考えました」(商品担当者)

2019年は「ストロベリー」「まっ白ミルク」「ティラミスカフェ」と新しいフレーバーを展開。いずれも売り上げは好調だったそうです。

そして11月には、同社の人気アイス「たべる牧場ミルク」とコラボした新フレーバー「たべる牧場スフレプリン」(288円)を発売。発売1週目の初動では、「今年1番の勢い」と大ヒット中です。

たべる牧場スフレプリン

「たべる牧場ミルク」の開発担当者も、

「試作品を食べたときには、『非常に美味しい』と感じました。焼き印もついて、『すごく可愛いな』と。見た目も中身も、たべる牧場ミルクの世界観をうまく表現できていると思います」

と、その完成度には自信をのぞかせます。

* 記事内容は公開当時の情報に基づくものです。

[続き]「もちもちクレープ」のヒミツ
1
合わせて読みたい!

特集SPECIAL

特集

Instagram