2019/11/19

毎月19日は「シュークリームの日」 モンテール広報に聞いた「プチシュー七変化」やってみた。

中の人に聞いた 記念日

毎月19日は「シュークリームの日」です。みなさん知っていましたか?

「19(ジューク)」とシュークリームの語呂合わせにちなんで、スーパーのスイーツコーナーでお馴染みの老舗洋菓子メーカー「モンテール」が2004年に制定しました。

モンテールといえば、シュークリーム。中でも「生クリーム仕立てのプチシュー」(税別198円)は有名ですよね。

「そのまま食べても美味しいけど、1袋に入っている数が多いのでアレンジも楽しめそう」。

そう感じた東京バーゲンマニア記者はモンテールの広報担当者に簡単アレンジを教えてもらいました。

シュークリームをはじめ、モンテールのスイーツは「ベースがシンプル」なので、アレンジがしやすいのだそう。

「社内で定期的にアレンジレシピを考案し、公式サイトにも多数掲載しています。全てスーパーで材料が揃うというお手軽なアレンジです」

今回教えてもらったプチシューアレンジで意外だったのは、甘いもの×甘いものの組み合わせはゼロだったこと。

「え? それいっちゃう??」と驚きのアレンジが多く、どれもおつまみや、ちょっとした自宅パーティーの一品にぴったりです。

年末年始の参考にしてみて。

おしゃれオードブル編

●ミニトマト&クリームチーズ

ミニトマトと、相性の良いクリームチーズをトッピングします。

クリームチーズが濃厚ながら、ミニトマトの酸味によって重くなりすぎることなく、シュークリームと合わさってまろやかな旨みを口の中でもたらしてくれました。

●生ハム&オリーブオイル

オードブルの定番、生ハムをトッピングします。仕上げにオリーブオイルをかけても◎。

コク深く、なめらかなクリームが生ハムのしょっぱさとよく合います。一口で満足感のあるおしゃれな一品に仕上がりました。

●スモークサーモン&ライム

スモークサーモンをのせ、ライムでさっぱり仕上げます。記者はライムを絞ってかけましたが、モンテール公式レシピではそのまま乗せています。

中のクリームがサーモンの旨みの邪魔をすることなく、まるでフレンチのおしゃれなソースのような役割を果たしてくれているようでした。

●ツナマヨ

ツナ、マヨネーズ、水気をしっかりきった玉ねぎのみじん切りを混ぜ合わせて、プチシューにのせます。さらに和からしをトッピングしたら出来上がり。

すべての食材のバランスが絶妙で、ツナマヨとシュークリームのマイルドな味わいに対し、からしの風味がいいアクセントに。玉ねぎのシャキシャキ感も◎。

* 記事内容は公開当時の情報に基づくものです。

[続き]中級編:キムチとの相性は...
1
合わせて読みたい!

特集SPECIAL

特集

Instagram