美容家が教える 大人のプチプラコスメ
エイジング美容研究家として活躍する遠藤幸子さんが優秀なプチプラコスメを紹介。大人の女性でも満足できるアイテムをプロの目線から厳選、詳しい解説とともにお伝えします。
2019/11/12

目の印象ガラリと変わるよ。 美容家が溺愛する「デカ目確実」アイライナー

美容家が教える 大人のプチプラコスメ 買うべきプチプラコスメ

目を大きく見せて目の印象をガラリと変えたいと思った時は、アイメイクの方法を見直す必要があります。

特にアイライナーは、どのような色や形状のものを使い、どのように入れるかによって随分と印象が変わってきます。逆に失敗すれば、目が小さく見えたり、目ヂカラがダウンしたりすることもあるので注意したいところです。

今回は、美容家である筆者が溺愛中のアイライナーを使って、デカ目を叶えるメイク法をご紹介します。

デカ目を叶えるアイラインの入れ方

目を大きく、印象的に見せようとする誤ったアイライナーの入れ方に、かなり太く入れるという方法があります。これは、実は逆効果で、かえって目が小さく見えてしまいます。目を大きく見せたいなら、アイライナーは目の隙間を埋めるようにしながら細く入れるのがベストです。

横への広がりを作ると目の幅が大きく見えます。そのため、目頭に切り込むようにアイラインを入れる「切開ライン」目のフレームに沿って目尻部分を跳ね上げるのがおすすめです。

このほか、インサイドにアイライナーを入れると、目ヂカラがかなりアップするので、それによってデカ目を叶えることも可能です。ただし、目の粘膜にアイライナーが付いてしまうため、筆者としてはおすすめしませんが、もし行うのであれば、ウォータープルーフのリキッドアイライナーを使う必要があります。

また、下まぶたにもアイラインを入れると、より目ヂカラがアップし、目も大きく見えます。この場合もまつげの隙間を埋めるような要領で、細く入れるのがポイントです。

デカ目を叶える色選び

デカ目を叶えるには、アイライナーの色選びも重要です。まず、鮮やかな色は避けること。まつげに自然になじむ色を使うことが大切です。上まぶたには、黒やブラウンなどのカラーがおすすめです。また、下まぶたには、ライトブラウン、グレーなど上まぶたよりも少し明るめの締め色が適しています。

* 記事内容は公開当時の情報に基づくものです。

[続き]デカ目を叶えるのにおすすめ!美容家溺愛のアイライナー
1

特集SPECIAL

特集

Instagram