西洋占星術師・早矢の占いRoom
占星術研究家で占い師の早矢(はや)先生の連載。恋愛、人間関係、仕事…誰もが抱える悩みについて、占いをもとに解決のヒントを教えてくれます。
2019/9/25

おうし座の「天職」 わたしに向いている仕事、教えて。

おうし座 占い 天職

「いまの仕事、自分にあっているんだろうか...」「もっと向いている仕事あるかも」

働いていてもいなくても、誰しも一度は思うことですよね。

自分のやりたいことを仕事にできる人は少ないですが、自分の性格や向いていることを知れば、今の仕事をもっと進めやすくなるかもしれません。

今回は「おうし座」の仕事の"向き"を紹介します。もし仕事に迷ったとき、少しでも参考になれば幸いです。

向いている職種は?

ホロスコープにおける12星座で、2番目に位置する「おうし座」。「不動宮」つまり「動かない土」を象徴するおうし座は、仕事に対しても安定、安心、自分のペースで働ける職場を求めます

また、五感は敏感なものの習得するのに時間がかかる傾向があります。そのため、いろんなことを流動的に進めていく仕事よりも、じっくりと自分のペースで進めていく仕事を好む傾向があります。

臨機応変な対応が苦手なおうし座は、変動が少なく決まったスケジュールで進められる仕事に向いています

たとえば事務経理ある程度マニュアル化されたルーティンワークのサービス業など。専門的な能力が求められる看護師医者弁護士会計士といった士業も向いています。感覚が鋭い人が多いので、調理師や栄養士、音楽家、芸術家などもよいでしょう。

おすすめの働き方

基本的にコツコツと地道に努力するおうし座は、スキルを習得するまでは時間がかかりますが、慣れてくれば実力を大いに発揮します。あまり焦らずに、じっくりと仕事を覚えましょう。臨機応変な対応は苦手です。

また、無意識に無理をしてハードワークになってしまう傾向があるので、休憩もしっかりとるなど自己管理に気を付けた方がよいでしょう。

お金に関しては、穏やかな顔をしていながらも、なかなかに守銭奴気質が高い星座です。努力の成果が収入に反映される仕事の方がやりがいを感じるかも。

* 記事内容は公開当時の情報に基づくものです。

[続き]仕事で成功するには?
1

特集SPECIAL

特集

Instagram