2019/2/ 7

成城石井初の「フードカート風スタンド」が誕生。 できたてアジアンフード食べてきた!

ニューオープン 成城石井

フードカート風スタンドで提供されるローストビーフ丼

国内外のこだわりの食品が数多く揃うスーパー「成城石井」が、2019年2月7日、「フードカート風スタンド」を導入した店舗を、東京都品川区の複合施設「ゲートシティ大崎」の地下1階にオープンしました。

ここでは"成城石井初"や"ここだけ"がいっぱい! 「フードカート風スタンド」では、できたてのデリごはんや、限定スイーツを提供します。

東京バーゲンマニア編集部ではひと足先に店舗に訪れることができたので、その魅力をご紹介したいと思います。

バリエーションに富んだメニューを用意

「成城石井 ゲートシティ大崎店」は、お惣菜やスイーツ、お酒、お菓子などが販売されるのはもちろん、プロテインコーナーやオーガニックコスメコーナーも設置され、充実した品揃えとなっています。

オーガニックコスメコーナー

店内はそこまで広くは感じませんでしたが、商品が所狭しと並んでいるので、思わずキョロキョロと見回してしまいました。輸入品もズラリと並んでいるので、まるで海外のスーパーに来ているかのような雰囲気も楽しめます。

中でも注目したいのが、おいしさにこだわった出来立てメニューをバイオーダーで楽しめる、成城石井初の試みとなる「フードカート風スタンド」です。

世界中の食材を自社輸入し、プロの調理人がセントラルキッチンで半加工した食材を、同店で最終的に仕上げることで、成城石井ならではのこだわりの味を楽しむことができます。

スタンドでは、バリエーションに富んだ約12種類の定番メニューを季節に合わせて用意。それに加えて、スペシャルメニューが週替わりで1品登場します。

今回東京バーゲンマニア編集部では、4品のメニューを試食させてもらいました。実食レポートをお届けします。

* 記事内容は公開当時の情報に基づくものです。

[続き]大人気スイーツがさらに贅沢に!
1

ランキング Gourmet RANKING

Instagram