2018/9/12

「話しかけやすい母親」のつもりが... 子どもとの意外な「ズレ」が判明。

子どもにとって、自分は話しかけやすい母親だと思いますか?

今日(2018年8月12日)発表の江崎グリコによる調査結果によれば、実は、子どもの3分の2が「母親に声をかけづらい」と感じている...というのです。

母子コミュニケーションにおける2つのカギ

調査は「母と子のコミュニケーション」をテーマに、中高生の子どもを持つ母親1000人と中高生の男女1000人を対象に実施されたもの(調査期間:7月27日~8月2日)。

まず、普段の母子間における「会話の頻度」と「会話時間」について尋ねたところ、会話頻度が高い母子は会話時間も長いことが分かり、頻度が「3回以上」と「2回以下」では1日あたり約1時間もの差が生じていました。

「会話のタイミング」については、母子とも「食事を一緒に食べているとき」が最も多く、「一緒に出かけているとき」「テレビを一緒に見ているとき」などが上位にあがりました。

母子のコミュニケーションのカギは「頻度」「一緒に何かをする」ことにあるようです。

母親はどんなことでも聞きたいけど...

調査によれば、母子の普段の会話は「学校」「友達」「部活」「将来」といった内容が中心。ただ、母親の「聞きたいこと」と子どもの「話したいこと」にはギャップがあるようです。

具体的には、母親は「今日あった出来事の報告」(85.5%)、「今日うれしかったこと」(74.9%)、「友人関係の悩みごとの相談」(62.3%)、「今日悲しかったこと」(57.2%)など、どんなことでも聞きたいと思っているのに対し、子どもは「今日あった出来事の報告」(59.1%)、「今日うれしかったこと」(47.5%)、「褒めてもらいたいこと」(31.5%)など、ポジティブな話や話しやすい話題がメインです。

ただ、母親との会話の頻度別で見てみると、頻度が3回以上の子どもは2回以下の子どもに比べて「悩み事」に関する話も「話したい」と考えていることが分かりました。

母親が自分で思ってるほど、話しかけやすくない?

また、「話しかけやすさ」の認識にも母子との間でズレがあるようです。

調査では母親の約半数(48.3%)が「子どもはちゅうちょなくいつでも自分に話しかけられると思う」と答えているのに対し、「お母さんにはいつでも声をかけられる」と答えた子どもは3人に1人(34.5%)にとどまりました。

さらに、子どもの約8割(77.1%)が「母親に話しかけようとしてやめたことがある」ことも明らかに。具体的には「お母さんの機嫌が悪そうなとき」「お母さんが忙しそうなとき」「お母さんの体調が悪そうなとき」といったシーンに、話しかけるのをやめることが多いことが分かりました。

想像以上に子どもを傷付けてる!?「片手間で会話」

母親との会話の悩みを持つ子どもは、全体の43.9%(男子47.2%、女子52.8%)。「お母さんに話しても興味なさそう」(37.2%)、「お母さんは片手間で話をきいているからしっかり聞いていなさそう」(30.8%)など、母親のつれない態度が悩みの種になっているようです。

加えて、悩みのある子どもは「家族の幸せの実感値」が低いことも分かり、悩みがある子どもとない子どもでは20ポイントもの差が出ていました。「母親からの愛情」に対しても同様の傾向で、悩みがある子とない子では「母親から愛されていると思う」の回答率に16.4ポイントの開きがありました。

母親との会話の悩みは、母子関係、家族関係全体にも影響を与えるものになっているんですね。「片手間」という部分に心当たりのあるお母さんは、子どもとしっかり向き合って話を聞くことを意識するといいかもしれませんね。

ちなみに江崎グリコは2018年、看板商品の1つである「ポッキー」を「大切な人との会話のキッカケを生み出すツール」と位置付け。母子の会話においても「ポッキー100本分ごめんなさい」「ポッキー5本分、時間いいかな?」というように"ポッキー○本分"をコミュニケーションの中に取り入れる新しいスタイルを提案しています。

* 記事内容は公開当時の情報に基づくものです。

ランキング Life RANKING

Instagram