2018/6/23

タモリが「うまい。これは食べたくなる」と褒めた無印良品のカレーって?

無印良品

無印良品」といえば生活雑貨や衣服、食品など幅広い品ぞろえが魅力ですが、不動の人気を誇るのが「カレー」シリーズ。

実際、SNS上では「実質無印はカレー屋」「無印っていうカレー屋、雑貨も売ってて便利だな~」といった主張を展開する人たちまでいるほど。そんな人気シリーズが先日、バラエティ番組「タモリ倶楽部」(テレビ朝日系)で特集されました。

タモリさん

年間300万食を売り上げる人気No.1カレー

無印良品で販売されているレトルトカレーは、日本風からエスニックなものまでなんと30種類以上。しかも、無印良品の商品約7000点の中で、3年連続売上数量1位なのもカレーなのだそう。

2018年6月8日放送の「タモリ倶楽部」では、タモリさんらが実際にカレーを試食しながら、開発担当者にさまざまなエピソードを聞きました。

番組によれば、多彩なラインアップのうち人気No.1なのが、「バターチキン」(北インド、2009年発売)。

「バターチキン」(画像は公式サイトより)

こちらは年間300万食を売り上げるといいます。タモリさんもひと口食べると「おっ、おいしいですね。本格的な。立派な(チキン)」と納得の様子です。

「バターチキン」はこれまで4回リニューアルが行われ、2016年から現行のバージョン4が販売されています。開発担当者によると、以前はバター感が強い味わいだったのが、バターチキンには欠かせない「カスリメティ」というスパイスを加えたことでより本格的な味に。カレー好きな俳優・鈴木浩介さんは「爽やかさが出る」と解説していました。

無印良品では大人気の「バターチキン」を超えるカレー商品を生み出すべく開発を進めるものの、なかなかその壁を越えられないそう。豊富なバリエーションはその度に新商品が開発されるためです。

その中で唯一、数週間だけカレー売上1位を記録したのが、開発担当者の自信作「スパイシーチキン」(北インド、2017年発売)です。

「スパイシーチキン」(画像は公式サイトより)

辛いだけでなく黒こしょうのスパイス感を前面に出したこと、スパイスが引き立つように油とルーをあえて分離させたことがこだわりなんだとか。タモリさんも「うん、こってり。うまい」と頷いていました。

* 記事内容は公開当時の情報に基づくものです。

[続き]カレー好き・鈴木浩介も「うまいっすね」
1
合わせて読みたい!

特集SPECIAL

特集

ランキング Gourmet RANKING

Instagram