2016/4/ 7

ほうれい線の原因は意外なところに...!「老け顔」を招く日常習慣8つ

ほうれい線 エイジング 老け顔

目からウロコ!

ほうれい線、フェイスラインのたるみ、シワ、目の下のたるみやクマ......。これ全部、 "老け顔"の特徴です。最近では20代でも増えているといいますが、その原因は、日ごろ何気なくしている習慣やクセかもしれません。

この記事を読んで、当てはまる習慣がいくつもある人はご用心......。

恐怖!スマホを覗いている時の顔が10年後の自分

まず、ほとんどの人が当てはまるであろう原因は、スマホです。

ほうれい線の溝が深くなり、ほおがたるみ、目の周りは腫れぼったくクマもでき、さらには目も細く小さく......。これが、長時間スマホを見続けた結果の老け顔です。

前かがみの姿勢と重力(悲しいかな、例え20代でも重力には勝てないのです)、さらにはスマホ中に目の筋肉や表情筋などを使わないことなど、原因は様々です。

いつもスマホを持つ角度で、無表情で手鏡を覗いて見てください。それがあなたの10年後の顔です。

1)スマホを見る時、目線を水平に保つよう心掛ける、2)時間を制限する、3)表情筋を鍛えるエクササイズや、凝り固まった筋肉をほぐすマッサージを適度にする、など自分なりの工夫が必要なようです。

* 記事内容は公開当時の情報に基づくものです。

[続き]まだまだある 日常に潜む"老け顔"習慣
1

Instagram