2015/6/ 8

女のホンネは「年収1000万円で貯金ゼロより、年収300万円の貯金できる男がいい!」

女子会白書 結婚 貯金

高収入でも貯金は必要...

女性が結婚で重視するポイントの一つが、お相手の年収。「できれば結婚後は楽に過ごしたいし、相手の年収は高いにこしたことはない」と考えている女性も多いかもしれませんね。ところが、「結婚するなら、どんな年収と貯金のバランスの男性がいいですか」という質問をしたところ、女性陣のホンネは「年収1000万円貯金ゼロの男性より、年収300万円の貯金ができる人の方がいい」というものでした。

一番人気は「年収500万円、貯金500万円」

自動家計簿・資産管理サービスの「マネーフォワード」が20代、30代の一般女性208人を対象にアンケート調査。「結婚するなら、どんな年収と貯金のバランスの男性がいいですか」という質問では、「年収1000万円、貯金0円」「年収700万円、貯金300万円」「年収500万円、貯金500万円」「年収300万円、貯金700万円」の選択肢を用意しました。

最も支持を集めたのは、「年収500万円、貯金500万円」の56.3%。中庸を重んじる人が多かったのか、過半数の女性が選んでいます。

理由としては「年収はそこそこで、貯金をしっかりしているのが素晴らしい」「金銭感覚が自分とかけ離れていない」といった声が寄せられました。「年収よりもどんな生活をしているかが重要」「安定してそう」など、貯蓄がきっちりできていることの安心感を挙げる人が多くみられたのも特徴です。

次いで多かったのが「年収700万円、貯金300万円」(33.2%)。年収700万円で貯金300万円...というと散財しがちな男性と推察されますが、「浪費家は嫌だけど、年収があれば貯金は結婚してからでもできる」「節約しなくても貯金できそう」などの声が寄せられました。

「結婚後は自分がしっかり財布を握り、財布のひもを締めてしまえば大丈夫」ということでしょうか。中には「専業主婦になれそう」という本音を漏らした人もいました。

さて、残る2つですが「年収1000万円-」の3.4%に対し、「年収300万円-」は7.2%という結果に。ともに低めの数字とはいえ、ダブルスコアの差が出ています。

「年収300万円-」の男性に対しては「年収より貯金が多いのは浪費家でなさそう」「貯金ができる男性の金銭感覚は信用できる」と称賛する声が寄せられたのに対し、「年収1000万円-」の男性には「年収が高くても貯金がないのは、金遣いが荒く、価値観が合わなさそう」との厳しい指摘が出ました。

いくら年収1000万円といっても、貯金ゼロなのはいわば計画性ゼロの裏返し。まさに「アリとキリギリス」のキリギリスタイプで、失業、病気など不測の事態に全く対応できなさそう。「結婚するなら、計画性や信頼感のある男性が一番」という女子のホンネがストレートに出た結果といえましょう。

世間には、金銭感覚の違いが原因で破局、離婚...などという例もあるようです。真剣に結婚を考える相手が現れたら、お互いの年収、貯金の割合を披露し合うといいかもしれませんね。

調査期間 2015年3月20日~22日
調査対象 20代・30代の一般女性208人
調査方法 インターネットを利用したアンケート調査(マクロミルモニタ利用)

* 記事内容は公開当時の情報に基づくものです。

ランキング RANKING

Instagram