【第78回】あれ、ちょっと待てよ... 宿泊予約サイト「最低価格保証」の落とし穴

お金の貯まるカード活用術 価格 宿泊予約サイト 落とし穴

ゴールデンウィークも終わってしまいましたが、次は夏休みの計画でしょうか。筆者も夏休みにグアムに行こうと宿泊予約検索サイトを色々調べていますが、難しいのが「どの宿泊予約サイトを使うのがお得なのか」という点です。

そんな中、「最低価格保証」「ベストレート保証」という文字を見つけました。

「最低価格保証」の内容を見ると、「そこの予約サイトで予約するのが一番安く予約できますよ」ということで、「もし、他社サイトで更に安く予約できる場合は差額を支払います」という場合が多いです。中には「差額の2倍払います」という太っ腹なサイトもありますね。

最低価格を保証してくれるなら、そこで予約するのが一番安いだろうと思ってしまいます。しかし、実際は最低価格ではないケースも多いのです。そのからくりを紹介しましょう。

最低価格保証の罠 その1

最低価格保証は、同じ日付(チェックイン・チェックアウト)、同じホテルや旅館、同じ部屋タイプ、同じ人数で比較しなければなりません。日付や人数などで金額は変わってきますので、当然の条件です。

しかし、さまざまな宿泊予約サイトで検索してもらうとわかるのですが、実際は、どの予約サイトもほぼ同じ金額になることが多いです。例えば、楽天トラベル、じゃらんnet、エクスペディアで「ウェスティンホテル東京」「2017年6月3日で1泊」「デラックス ツイン」「大人2人」で比較してみました。

楽天トラベルとじゃらんnetが5万36円(税込)、エクスペディアが5万37円(税込)です。

つまり、どの予約サイトでもほぼ同じ価格になっているため、最低価格保証と大きく書けるということです。

[続き]最低価格保証の罠 その2
1

今月の特集

今月の特集

ランキング