毎日の食事で「老け続ける」恐怖... 今すぐお別れしたい「油」教えます

私たちは日々の食生活の中でさまざまなものを口にしています。中でも毎食のように口にしているもののひとつが「油」です。油は調理する時に使用するのはもちろん、ドレッシングやパン、菓子類にも使われています。そんな油の中には、私たちを老けさせてしまうものと、逆に美肌に導くものとがあることを知っていますか?

今回は、老けずに美肌に磨きをかけることができるように、油との付き合い方についてお話していきたいと思います。

すぐにサヨナラしたい「老ける油」とは?

私たちを老けさせてしまう油とは今すぐにサヨナラしたいところ。老ける油には以下のようなものがあります。

1.トランス脂肪酸

トランス脂肪酸というのは、マーガリンや菓子類に含まれるショートニングなどを製造する過程で生じる脂肪酸の一種です。このトランス脂肪酸を多く摂取すると、心筋梗塞などの冠動脈性心疾患のリスクを高める危険性があるほか、肥満やアレルギー性疾患との関連も認められているのだそうです。健やかな体を育むためにできるだけ口にしないよう心がけましょう。

2.化学溶剤使用の植物油

植物油には注意が必要です。植物油の中には化学溶剤を使って抽出しているものがあり、その場合は抽出までの過程にいくつもの化学物質を使用しています。にも関わらず、原材料には使用された化学物質が表示されていません。購入の際は「圧搾」、「一番搾り」などの表示があるものについては化学溶剤を使用せずに作られた目安となるようです。さらにコールドプレス製法でオーガニックであれば、なおベストといえます。

3.酸化した油

使い古しであったり、調理から時間が経過した油は酸化しています。酸化した油をよく摂取すると、一般的には細胞の代謝に不具合が生じるなどして老化を加速させることに繋がるといわれています。そのため油の使い回しや調理から時間が経過しているお惣菜などを頻繁に口にすることは控えるのがベターでしょう。

[続き]美肌効果が期待できる油は?
1

今月の特集

今月の特集

ランキング

人気の写真・動画

TBMおすすめサイト

  • 世界のファッションが集まるマーケットモール | ファッション通販waja(ワジャ)