ニキビ・吹き出物の場所で体の不調がわかる 「肌トラブル⇔内臓」相関図

くすみ ニキビ 美容鍼

こんにちは。三軒茶屋で女性の為のプライベートオーダーメイドメンテナンス鍼灸院の「アムラス鍼灸」の美月綾乃です。

連載7回目のテーマは「お顔の状態で不調がわかる!?」です。

この季節の変わり目は自律神経もバランスを崩しやすく、血流リンパの流れも悪くなりやすい時期。鏡を見ると、「こんなところに吹出物、ニキビができている...! 血色悪い!くすみ、シワも...!!」なんて、恐怖に陥る、なんてことも。

おでこ、眉間の肌トラブルはここが弱ってる!

biyoushin-20160511-10.jpg

実はそのお顔のトラブル、内臓の不調が原因かもしれません。東洋医学でいうと、「きれい=健康で美しい=五臓(肝、心、脾、肺、腎)のバランスが整っている」ことを指します。

この五臓というのは西洋医学の臓器の名前と似ていますが、定義が違います。

西洋医学=内臓そのもの

東洋医学=内臓の機能

つまり、東洋医学では、顔のどこにニキビや吹き出物ができているかで、体のどこが悪いのか、を知ることができるのです。

1 おでこ、眉間など=心の機能低下:ストレスなど
2 鼻のてっぺん=脾(胃)の機能低下:消化不良、胃もたれ、胃の不調
3 右頬=肺の機能低下;気管支炎、のどの痛み、風邪、咳
4 左頬=肝の機能低下:生理トラブル、血行不良、寝不足
5 顎ライン=腎の機能低下:足のむくみ、体の疲れ、婦人科系トラブル

[続き]これだけは知っておきたい!顔の万能ツボ
1
くすみ ニキビ 美容鍼

ランキング