映画「牡蠣工場」/普通のカキ加工場と思っていたら...こんなに問題だらけだったのか

牡蠣工場

(c)Laboratory X, Inc.

   これまで"選挙運動"、"精神科"、"劇団"と、一般に知られることのない場に踏み込んでは、その実態を"観察"してきた想田和弘監督。今回も"牡蠣工場"という名の、さぞかし風変わりな世界が紹介されるのだろうと思っていた。

   ところが、見始めると、どうも予想と違う。牡蠣工場で行われているのは、養殖した牡蠣を水揚げ、洗浄後、作業所に運び、殻をむき、製品化するまでの作業であり、そのどこにも特異な点はないのだ。数ある水産資源の一つである牡蠣の加工場に過ぎない。

   だが、映画が進行するにつれ、牡蠣工場の抱える問題が次々と浮上。それらの問題こそが、作品のテーマだということが分かってくる。

日本が直面する社会問題が凝縮

   舞台となるのは、瀬戸内海に臨む小さな町、牛窓。古くから牡蠣の養殖が盛んなこの町には6軒の牡蠣工場がある。その一つである平野かき作業所で働く渡邊は、宮城県南三陸町からの移住者だ。東日本大震災と原発事故で打撃を被り、地元での商売は絶望的となったため、平野から廃業寸前の工場を引き継ぐことを決めた。

   しかし、牡蠣工場の経営は楽ではない。第一に働き手がいない。若者は「3K」と言われるこの仕事に目もくれようとしない。渡邊は中国人労働者を受け入れるしかなかった。隣県で起きた殺人事件の影響もあり、中国人に対する地元民の偏見は根強い。カレンダーに記された「中国来る」というメモに"人"の字が抜けているのは偶然ではないだろう。それでも、中国人に頼るしかない。ほかに手がないのだ。

   少子高齢化による労働力不足、後継者難、外国人労働者、震災・原発事故の影響......。遠くから眺めると、実にのどかで美しい牛窓の町だが、その中の小さな牡蠣工場に踏み入って見ると、今日の日本が直面するさまざまな社会問題が凝縮している。想田は、予断や先入観をいっさい交えず、カメラを向けた人物や風景、出来事を通して、それらの問題を浮き彫りにしていく。

   そんな想田の融通無碍(ゆうずうむげ)なカメラは、すべての過去作がそうだったように、多くの愛すべきキャラクターを発掘し、また予想外のハプニングを記録することにも成功している。そういった余談に属する映像もカットしないところが、想田作品の人間味であり豊かさでもあろう。想田と同様、偏見のない、まっさらな心で"観察"してほしい1作である。


「牡蠣工場」(2015年、日本・米国)
監督:想田和弘
2016年2月20日(土)、シアター・イメージフォーラムほかで全国公開。作品の詳細は公式サイトまで。

記事提供:映画の森

(c)Laboratory X, Inc.

(c)Laboratory X, Inc.

牡蠣工場

今月の特集

今月の特集 今月の特集

人気の写真・動画

TBMおすすめサイト

  • セール(SALE)ならグラムール セールス