【第49回】使わない手はない!格安スマホで節約&ポイントザクザクにするテク

料金 格安スマホ
tbm148247_pho01.jpg

雑誌などの家計相談コーナーなどを見ていると、家計を圧迫しているのが通信費です。通信費だけで数万円払っている方も多く、通信費を見直すだけでかなり家計が楽になるのではないかと思います。

特にスマートフォンの場合はデータを使えば使うほど高額になっていきます。このスマートフォンの料金を安くする方法として「格安スマホ」があります。格安スマホというと、「通信速度が遅いんじゃないか」、「通信エリアが狭いんじゃないか」と心配する方も多いと思いますが、基本的には大手キャリアと同じとなります。

理由は、格安スマホの提供会社が回線を提供しているわけではなく、格安スマホを提供している企業は、大手キャリアの回線を利用してサービスを提供しています。回線はドコモかauとなるため、通信エリアも通信速度もドコモかauと同じとなるわけです。

では、格安スマホにすると、どのくらい格安になるのでしょうか?

利用料金は?

筆者も契約している「楽天モバイル」で見てみましょう。ドコモの回線を利用しているため、通信速度(ベーシックプラン以外)・通信エリアはドコモとおなじになります。

まず、通信費を下げたいのであれば、MNPを検討しましょう。楽天モバイルでも番号そのままで移転することが可能です。

tbm148247_pho02.jpg

では、どのくらいの料金になるのか確認したいと思います。

ベーシックプランの場合は200kbpsと通信速度が遅いため、それ以外のプランを検討します。プラン検討については、Androidを利用している場合は「設定」メニューから「データ使用」をタップすることでデータ使用量を確認することができます。筆者の場合は1ヶ月1GBに満たない時もありますので、3.1GBプランで十分となります。

3.1GBプランの通話SIMの場合は、月額1600円となります。ただし、通話する場合は30秒毎に20円の通話料金が発生しますので、できるだけ通話しないようにした方が良いですね。

tbm148247_pho03.jpg

どうしても通話しなければならない時には「楽天でんわ」アプリを使うと良いでしょう。楽天でんわの場合は、30秒毎に10円の通話料金になりますので、普通に楽天モバイルで通話するよりも半分の通話料となります。

楽天モバイルに留守番電話(月額300円)やキャッチホン(月額200円)などのオプションをつけると別途料金が発生しますが、通話なし、オプションの契約もない、通信量が3.1GB以下の場合は、月額1600円ですむ事になります。おそらく、大手キャリアの1/3程度になるでしょう。

[続き]獲得ポイントは?
1
料金 格安スマホ

今月の特集

今月の特集 今月の特集

人気の写真・動画

TBMおすすめサイト

  • セール(SALE)ならグラムール セールス