フレッシュネスバーガーの新業態店「クラウンハウス」登場 ワンランク上のバーガーとくつろぎをどうぞ

ニューオープン ハンバーガー フレッシュネスバーガー

「クラウンハウス」外観イメージ

フレッシュネスバーガーの新業態店舗「Crown House(クラウンハウス)」が2015年10月8日、東京・吉祥寺にオープンします。

フレッシュネスバーガーのフラッグシップ店の位置付けで、素材にこだわった上質なハンバーガーに加え、豊富なラインナップのサイドメニュー、アルコール類も扱います。フレッシュネスバーガーの新たな可能性を追求した店舗です。

日本酒の発酵酵母使ったバンズ

店名の「クラウンハウス」は、プレミアム感を感じさせる「王冠(クラウン)」とハンバーガーのバンズの上部を指す呼び名「クラウン」が由来。ランチにはハンバーガー、ティータームにはカフェ、ケーキ、そして夜はお酒とともに産地にこだわった新鮮野菜のサラダや、リブロースステーキなどのグリル料理を...と、シーンにあわせてメニューもそろえています。

バーガーの特徴は、日本酒の発酵酵母「酒種」を使用したこだわりのバンズや、100%オーストラリア産ビーフ、安心の国産生野菜を使っていること。「ハンバーガー」(1080円、以下税抜)、「チーズバーガー」(1230円)などオーソドックスなものから、少しぜいたくな「フォアグラバーガー」(1800円)まで種類もたくさんそろっています。

バーガー以外でも、「グリルドチキン」(1500円)、「リブロースステーキ120グラム」といったステーキ類や、「季節野菜を使ったバーニャカウダ」(800円)など野菜も充実。どれもお酒との相性はバッチリです。

住所は東京都武蔵野市吉祥寺南町1-15-5伊藤ビル1F。営業時間は11時から23時まで。詳しくは公式サイトから。

「クラウンハウス」内観イメージ

ランキング Gourmet