ネット弁慶は要注意 SNSの別人格に「怖い」「気持ち悪い」の声

SNS

ネット上でしか出せないキャラもある?

ネット上でのみ強気になる「ネット弁慶」など、リアルとネットで人格が異なる人はしばしば見かけますが、20~30代のSNSユーザー男女300人を対象にしたトレンド総研のアンケート調査では、実に4割以上が「リアルとSNSで人格を使い分けている」という結果が出ました(調査期間:2013年3月8日~11日)。

過半数が「匿名と実名で投稿内容変えている」

調査ではまず、登録アカウントの実名・匿名について質問。その結果、「Twitter」では80.6%が「匿名」と回答しており、実名は5人に1人程度にとどまりました。また、実名制の「Facebook」でさえ20.8%が「匿名」で登録。ほか、「Mobage」では90.0%、「GREE」では88.0%が匿名利用をしていることが分かりました。

なお、「匿名登録のメディアと実名登録のメディアで、投稿内容を変えている」という人も52.7%と過半数。理由については「仕事関係のものと趣味のものでわけたい」(30代男性)といった公私で使い分けるという意見や、「自分だとバレたくない」(30代女性)というようにネット上での自分の世界を持ちたいという考えが多くみられました。

[続き]「別人格になるのは普通」 一方で「怖い」「気持ち悪い」の声も
1
SNS

今月の特集

今月の特集

人気の写真・動画

TBMおすすめサイト

  • セール(SALE)ならグラムール セールス