全国の絶品丼が500円 「ご当地どんぶり選手権」予選スタート

ご当地 名物 比内地鶏 限定

「米沢 琥珀堂」(山形県)の「米沢牛ステーキ」 肉質等級最上ランクのみの米沢牛を醤油ベースの和風ソースで仕上げた贅沢などんぶり

2012年11月9日~11日、サンシャインシティ(東京・池袋)で行われる「旅フェア日本2012」の会場にて、「第4回全国ご当地どんぶり選手権 予選会」が開催されます。

全国ご当地どんぶり選手権とは、全国から集結したどんぶりが「No.1ご当地どんぶり」の座をかけて競い合う、ふるさと祭り東京の人気企画。今回の予選会では、書類選考を通過した16のご当地どんぶりたちが、本戦出場のイスをかけ熱い戦いを繰り広げます。

どんぶりはどれでも1杯500円(ハーフサイズ/チケット制)。チケット1枚とどんぶり1杯を交換し、好きなどんぶりを食べ比べることができます。最後に本戦に出場してほしいどんぶりを1つ選んで投票を。投票数上位の10どんぶりは、2013年1月12日~20日、東京ドーム(東京都文京区)で開催される「ふるさと祭り東京2013」の「第4回全国ご当地どんぶり選手権」への出場が決定します。

全国選りすぐりの16どんぶりですが、なかでも編集部注目は、「米沢 琥珀堂」(山形県)の「米沢牛ステーキ」。肉質等級最上ランクのみの米沢牛を醤油ベースの和風ソースで仕上げた贅沢などんぶりで、噛む程に肉本来の旨味が出てきます。ワンコインで楽しめる贅沢丼は見逃せません。

また、「秋田比内や」(秋田県)の「比内地鶏親子丼」も有力候補。軽く炭火で炙り食感・旨味を閉じ込めた比内地鶏とガラスープ、卵を使用した本物の親子丼で、とろとろ卵がヤミツキになること間違いなしです。

ほかにも、トマトベース鍋から発想し開発した洋風の「白子流ブイヤベース丼」(かわごえ/千葉県)や、カツオ出汁でお茶漬けにして食べる「がんこ漁師の熱めし丼」(かまえ直送活き粋船団/大分県)など、工夫を凝らしたどんぶりはいっぱい。ワンコイン片手に、好みのどんぶりを食べ尽くしてみない? 注目10丼は下の写真からチェックを。

「秋田比内や」(秋田県)の「比内地鶏親子丼」 軽く炭火で炙り食感・旨味を閉じ込めた比内地鶏とガラスープ、卵を使用した本物の親子丼

「十勝・牛とろ丼」(北海道) 健康を最重要視して育てられた牛の肉を使ったこのどんぶり、「食べると元気が出る」と大評判

「八戸銀サバづけ丼」(青森県) 北緯40度30分の冷たい海流にもまれて育まれ、日本で一番脂がのっており、しかも超大型(800g~1㎏)ものを使用した銀さば漬丼

「三種じゅん天丼」(秋田県) 生産量日本一のじゅんさいと町の特産品の梅を使用し、かき揚げにしたどんぶり

トマトベース鍋から発想し開発した洋風の「白子流ブイヤベース丼」(かわごえ/千葉県)

「小田原とろ金目鯛の三宝丼」(神奈川県) 湯引き・炙り・煮付けという金目鯛の最も美味しい食べ方がこの一杯で楽しめる贅沢などんぶり

「かにトロ丼」(鳥取県) 熟成されたかに身をたっぷり使った「トロ」のような旨味の「かにトロ」。長芋とオリジナルのタレが味を更に深めます

カツオ出汁でお茶漬けにして食べる「がんこ漁師の熱めし丼」(かまえ直送活き粋船団/大分県)

「志布志黒豚三昧丼」(鹿児島県) 一昼夜煮込んだ黒豚角煮とやや炙りの黒豚を贅沢に使用し、地元産の玉子をトッピング

ご当地 名物 比内地鶏 限定

今月の特集

今月の特集

人気の写真・動画

TBMおすすめサイト

  • セール(SALE)ならグラムール セールス