2020/5/20

水に濡らして使う、夏のひんやりマスク 熱中症対策にも

コロナ対策いろいろ

寝具やメディカル部門を持つメーカーのオーシンは、暑い夏に向け熱中症対策として、水で濡らして使用する「ウォーターマスク」を2020年5月15日に発売しました。

天然パルプ保水シートを内蔵

オーシンの寝具とメディカル部門のノウハウを融合して開発された商品で、全て国内の自社工場で生産しています。

「ひんやり」の秘密は気化熱です。

マスクを水に浸し絞って装着します。マスク内に天然パルプ保水シートを内蔵しているため、水分が蒸発する際に周囲の熱を奪う気化冷却効果で、口元がひんやり快適になる仕組みです。

外側は布素材、内側はメッシュ素材のタイプで、くり返し使用できます。

カラーも、ベージュ、ピンク、ブルー、グリーンの4色展開と豊富。サイズは大人用(12×16cm)と子供用(9×14cm)の2種類があります。

耳が痛くなりにくい紐で結ぶタイプです。

ヤフーショッピング内の公式販売ページで購入可。価格は、1枚990円。送料別。

* 記事内容は公開当時の情報に基づくものです。

特集SPECIAL

特集

Instagram