2020/3/25

シャープ製マスク、3月下旬から出荷開始 ECサイトでも販売

SNSで話題 コロナ対策いろいろ

大手電機メーカーのシャープは2020年3月24日から、三重県多気郡多気町の工場にて、マスクの生産を開始しました。

政府と調整のうえ順次出荷し、ECサイトでも販売される予定です。

1日約15万枚を生産

生産の様子

新型コロナウイルス感染症による深刻なマスク不足...。シャープは日本政府の要請に応じて、2月28日に不織布マスクの生産を決定しました。その後短期間で準備を進め、3月24日に生産を開始。3月下旬から、順次出荷を開始します。

当初の生産枚数は1日約15万枚で、最終的には1日約50万枚を目指すそうです。

より切実にマスクを必要とされる場所へ提供するため、まずは政府への納入が優先されます。その後、「SHARP COCORO LIFE」のECサイトでも販売を開始するとのことです。なお、販売価格等は未定です。

マスクの販売の詳細は決まり次第、サイト上で案内があるので、マスクがなくて困っている人はこまめにチェックしてみて。

* 記事内容は公開当時の情報に基づくものです。

特集SPECIAL

特集

Instagram