2020/3/19

自宅で500円海鮮丼を コロナ影響で「はま寿司」が初の試み

コロナ対策いろいろ

全国に500店舗以上を展開する大手寿司チェーン「はま寿司」が2020年3月20日から、テイクアウト限定のワンコイン丼ぶりを販売します。

新型コロナウイルスの感染拡大に伴う自宅ごはんの需要の増加を受けたもので、はま寿司では初の試みです。

人気ネタをトッピング

はま寿司はこれまでにぎりセットなどをテイクアウト用に販売してきましたが、新型コロナウイルスなどの影響で、自宅で食事をする人が増えていることを受け、新たに人気ネタをトッピングした4種の丼ぶりの発売を決定しました。

販売されるのは、以下の4種。すべて税込500円です。

・寿司屋のまぐろ丼

まぐろ、とろびんちょう、ねぎとろの3種のまぐろがのっています。

・寿司屋のまぐろサーモン丼

まぐろとサーモンを一緒に楽しめるお得な丼です。

・寿司屋のサーモン丼

サーモンと焼とろサーモンの 2種のサーモンの食べ比べができます。

・寿司屋の牛カルビ丼

直火焼きの牛カルビがたっぷりのっています。

なお、ご飯には酢飯を使用しています。また、受け取りから2時間以内に食べるようにしてください。

はま寿司全店(513店舗※3月18日時点)での販売で、販売終了時期は未定です。

店舗の詳細は公式サイトへ。

* 記事内容は公開当時の情報に基づくものです。

特集SPECIAL

特集

Instagram