2020/1/ 9

売り切れ待ったなし! クーピーお箸が大人気、12色どれから使う?

SNSで話題 文房具マニア

サクラクレパスの色鉛筆「クーピーペンシル」といえば、子供の頃お世話になった人も多いと思います。

そんな「クーピー」風お箸が昨年暮れに登場しました。早くも大人気の様子です。

バラバラの12色

「クーピー風カラー箸-CHOPSTICKS12-」は、「クーピーペンシル」のカラーをイメージした12色のお箸セット(日本製)で2019年12月下旬から販売されています。23cm、価格は1350円(税抜)。

オリジナル商品の制作やトータルブランディングを手掛ける「ヘソプロダクション」と「クーピー」の初コラボ商品です。

全芯タイプの色鉛筆であるクーピーの特徴そのままに、12色のお箸が各1本入っています。

つまり、各1本・12色なので色を合わせて「ひとそろい(一膳)」にはならないのがポイント。誰か専用の特定の箸としてではなく、皆で使える仕様になっています。

2本をそのときの気分で選んでもよし、推し色で選んでもよし。好きな組み合わせが楽しめます。

この商品は、2019年12月12~15日に開催されたイベント「文具女子博2019」で先行販売され大盛況だったとのこと。

実際の様子を販売元の「ヘソプロダクション」に聞いたところ、先行販売アイテム6点の中でも「反響が大きかった」といいます。

お客さんも「これクーピーじゃないの!?」「色がバラバラなんですか??」と驚きの反応をする人も少なくなく、違う色同士で使う違和感がありつつどうしても欲しかったのか「2セット買えば同じ色の箸を使える」と2セット買った人も。

文具女子博2019での様子

一般発売は昨年暮れにも関わらず、問い合わせも多く、2020年1月8日までで初回2000セットに対しすでに半分は売れたとのこと。

現在、関西の土産店舗や東急ハンズ・キディランドといった全国のバラエティショップの一部店舗で取り扱われていますが、導入店舗はこれから増えていく可能性があるそう。

気になる人は店頭でチェックを。

* 記事内容は公開当時の情報に基づくものです。

特集SPECIAL

特集

Instagram