2019/10/29

変わり種も多数登場の「餃子フェス」 今年は中野で開催

2019年10月31日から11月4日まで、中野四季の森公園(中野区中野4-13)イベントエリアにて、「餃子フェス NAKANO 2019」が開催されます。

芋屋種子島のパフェも

記念すべき3周年を迎える餃子フェスの舞台となるのは、イベント誕生の地、中野四季の森公園。この秋は、餃子の激戦区として多数取り上げられている京都(岡崎公園)との同時開催です。

近江牛餃子 包王「肉大盛!近江牛餃子」や、肉玉そばおとど×浅草開化楼「東京名物肉汁おとど餃子」など、お肉のうまみを味わえる餃子のほか、じゃげな「信州餅羽餃子」や、餃子の宮でんでん「トリュフチーズ海老水餃子」、泡ギョーザファンホリック「泡で食べるジューシー肉餃子」など変わり種も多数登場します。

デザートには、Milky Snowのかき氷や芋屋種子島のパフェも。
また、餃子フェス公式通販もあるので、家で人気の餃子を注文することもできます。

入場無料。食券1枚600円。開催時間は10時(初日は16時、平日は11時)から21時(最終日は20時)までです。

* 記事内容は公開当時の情報に基づくものです。

Instagram