2019/4/23

スタバ「紙袋」のナイス再利用法 このアレンジ正解かも!

SNSで話題 お金をかけないライフハック スタバ部

スターバックスコーヒーで商品をテイクアウトする際にもらう機会の多い「紙袋」。デザインが可愛いとついつい保管してしまいがちですが、これといった使い道もなく、どんどん溜まっていってしまうといった人も少なくないかと思います。

そこで今回は、SNSでも数年前から話題を呼んでいる、紙袋を使った「ブックカバー」の作り方をご紹介します。

不器用さんでもきれいに作れる

紙袋で作る「ブックカバー」は数年前から人気ですが、ここ最近SNS上には、スターバックスの「イチゴフラペ」に合わせて登場したイチゴがデザインされた可愛らしい紙袋を使ってブックカバーを作成している人が目立ちます。

そこで、捨てられずに保管していた記者も、実際に使って作ってみることにしました。

用意するものは、紙袋とハサミのみ。より美しく仕上げたいという人は、定規やペンがあると安心です。

1.まずは、上から底の部分までハサミをいれて、紙袋を解体します。底まで辿り着いたら、底の部分は丸ごと切り取ります。

2.切り終えたら、長方形になるように紙袋を開き、取っ手部分を手で丁寧にはがしてきます。

3.開いた紙袋に本を置き、表紙部分に合わせたい柄の位置を定めていきます。 この時にペンで目印を付けると、やりやすいかもしれません。

4.位置が定まったら、上下の余分な部分を切り、その後本の高さに合わせて紙の上下を折り曲げます。終わったら本の表紙を差し込むことを考えつつ余裕を持って左右をカットします。

5.最後に本の表紙を差し込んだら、完成です!

上記の作り方はあくまで一例ですが、不器用な記者でもわりと簡単に作ることができました。最初は15分ほどかかってしまいましたが、1度作ってしまえば、2回目以降は10分もかからずに完成させることができました。

今回はスタバの季節限定の紙袋でチャレンジしてみましたが、他のブランドの紙袋でも作ることができるので、紙袋をストックしてしまうという人は、こんな活用法も参考にしてみて。

* 記事内容は公開当時の情報に基づくものです。

プレゼントPRESENT

Instagram