2019/2/14

無印、くまビスケットの「使い方」 120円で手作りお菓子がめっちゃかわいくなる。

やっぱり無印が好き プチプラおやつ

(画像は無印良品の公式サイトより)

可愛くておいしい」とSNSで評判の無印良品のクマさん型のビスケット「てんさい糖ビスケット」(120円)。

そのまま食べて楽しむだけでなく、SNSではお菓子を可愛くアレンジするトッピングとしても活用されています。

ブラウニー、マフィン、タルトにオン

onakasuita(@onakasuita66)さん提供

国産の小麦とてんさい糖を使った「てんさい糖ビスケット」は1袋にココア味とプレーン味の2種が入っています。素朴な味わいでおいしいうえに、クマさん型で可愛いと好評です。

(画像は無印良品の公式サイトより)

1袋80グラムで120円とプチプラおやつとしても優秀な商品ですが、SNSではこのクマ型ビスケットをブラウニーや、マフィン、タルトに載せている人が多数みられます。たしかに、お菓子の見た目の可愛さがアップし、また食感にも変化が生まれますよね。

onakasuita(@onakasuita66)さん提供

ビスケットを加えるタイミングは人それぞれですが、インスタグラムを見る限り、それぞれのお菓子の材料を型に流し込んでオーブンで焼く直前に載せている人が多い印象です。

マフィンとブラウニーを作った「onakasuita」(@onakasuita66)さんに話を聞いたところ、ブラウニーの場合は、オーブンで焼き上げたブラウニーの上に適量の板チョコを載せて余熱で溶かし、その溶けたチョコの上にビスケットを載せたそうです。この方法でもうまい具合にお菓子とクマビスケットが一体化しますね。

お菓子作り好きの人、可愛いお菓子を作りたい人はぜひやってみて。

* 記事内容は公開当時の情報に基づくものです。

ランキング Gourmet RANKING

Instagram