2019/1/21

ピエール・エルメとコラボした「カフェオレ」誕生! 気になる味わいとは...。

ダイドードリンコは2019年1月21日から、世界的に有名なフランスのパティシエ・ショコラティエ、ピエール・エルメ氏と共同開発した「ピエール・エルメ×ダイドーブレンド カフェ・オ・ショコラ」をファミリーマートなどで販売します。

東京バーゲンマニア編集部ではひと足先にお目にかかることができたので、気になる味わいとともにその魅力をご紹介します。

繊細で奥深い味わい

ピエール・エルメ×ダイドーブレンド カフェ・オ・ショコラ」は、コーヒー飲料としては業界初となる、"パティスリー界のピカソ"とも称されるピエール・エルメ氏と共同開発した、スイーツのおいしさが楽しめるカフェオレです。

スイーツと相性のよい華やかな香りとコクが特徴の「深煎りエチオピア産モカブレンド」に、濃厚でなめらかな口どけを実現する「エクアドル産チョコレート」を加えることで、これまでのコーヒー飲料とひと味違う、繊細で奥深い味わいが楽しめます。

またダイドーブレンドのこだわりである香料無添加により、カカオとコーヒーの素材本来の味わいを引き立たせるように仕上げているといいます。

220ミリリットルで希望小売価格は150円(税別)

いざ試飲

実際に飲んでみると、甘さは全くないわけではありませんが、かなり控えめで大人な味わい。コーヒーのほろ苦さを感じた後に、ふわっとカカオの香りが広がりました。飲んだ後も、素材の余韻がちゃんと残ります。コーヒーばかりで飽きてきたけど、甘さがしつこいのはちょっとなぁ~。といった時にもぴったりな一杯だと感じました。

パッケージはシンプルながらもセンスのいいデザインで、デスクに置いておくだけでも気分があがります。他のコーヒー飲料と比べると少々お高く感じますが、手軽にカフェ気分が味わえるといった点では◎です。

気になる人は、ぜひ自分の舌で確かめてみて!

その他詳細は公式サイトへ。

* 記事内容は公開当時の情報に基づくものです。

ランキング Gourmet RANKING

Instagram