2019/1/10

マツコが「マジでうまい」と唸ったカップラーメンちょい足しレシピ 試したらすんごかった!

SNSで話題 コンビニ好きさんと繋がりたい バズってるレシピ 編集部レビュー

納豆は何パック入れるのがベスト?

さっそく近くのセブン-イレブンで「蒙古タンメン中本 辛旨味噌」(204円)と「極小粒納豆 3個入」(73円)を購入。合計で300円以内とお手頃です。

まずは「蒙古タンメン中本 辛旨味噌」のみで試食。同封の「辛味オイル」を入れると、スープが赤く染まりました。ちょっと唇がヒリヒリするような辛さですが、味噌と麺の相性が抜群で、スルスルと箸が進みます。

次に、「極小粒納豆」を1パック入れてみました。カップラーメンにしっかり味がついているので、同封されていた「醤油だし」と「カラシ」は入れませんでした。

麺にこんもりとのっていた納豆は、混ぜると視覚的にはわかりづらいほどになりました。ひと口食べてみると、ほのかな納豆の風味が感じられました。

ただ、これでは「納豆好き」の女性記者にはもの足りず。もう1パック追加です。

すると、カップから明らかに納豆とわかるニオイが。麺とスープにとろみとあのネバネバ感が出てきました。

1パックのときに比べ、納豆と辛さのバランスが◎。正直やるまでは「納豆合うのかなぁ」と少々懐疑的だったのですが、納豆好きとしては、このアレンジは驚き。仰天でした。辛さが苦手な同僚にも食べてもらったところ、「納豆を入れることで辛さが和らぎ、より食べやすくなった」と満足げでした。

さて、ここで3パック入れるとどうなるかという興味にそそられて、もう1パック追加してみました。

辛さはもっとマイルドになり、さらに納豆のネバネバ感が増し、もはや「納豆を飲んでいるみたい」......。率直にいえば「ちょっとやりすぎた」といった感じです。

最後に、納豆に付いていた醤油だしカラシをそれぞれ3個ずつ入れて混ぜてみました。より納豆の味に近づきましたが、味が濃すぎるように感じました。納豆を加えていくと辛さがマイルドになっていくので、辛いもの好きの人は好みでカラシを足してもいいかもしれません。

納豆好きの人はぜひ試してみてはいかが。

* 記事内容は公開当時の情報に基づくものです。

2

特集SPECIAL

特集

Instagram