2018/12/15

2日間限定の喫茶でお菓子とお茶のマリアージュを堪能!

HOTEL講 大津百町(大津市中央1-2-6)「近江屋」にて、2018年12月22日と23日に、2日間限定の喫茶「茶菓 大津 冬之講」が開催されます。

「大津らしさ」を感じながら楽しむ茶時

空き家の目立つ商店街を蘇らせたいという想いから生まれた「商店街HOTEL 講 大津百町」。「街に泊まって、食べて、飲んで、買って」をコンセプトにする、新しいソーシャルデザインホテルに、2日間限りで喫茶がオープンします。和菓子「御菓子丸」の杉山早陽子氏と、中国茶房「好日居」の横山晴美氏をゲストに迎え、目の前でお菓子を作り、お茶を淹れてもらえる贅沢な喫茶。

「大津らしい」を盛り込んだ限定のお菓子とお茶のマリアージュを堪能できます。泊まることで街が蘇る「ステイ・ファンディング」という日本初の試みがされているホテルで、大津らしさを感じながら一期一会の茶時を楽しんでみては。

開催時間は両日とも11時、12時、13時、14時、15時、16時からの1日6回。各回45分間で入れ替え制です。料金はお茶とお菓子で2000円です。

* 記事内容は公開当時の情報に基づくものです。

ランキング Go_out RANKING

Instagram