2018/9/21

いい意味で裏切られる。国民的メーカーの新レトルト食品が最高だった。

【提供:株式会社永谷園】
PR

普段は忙しくて適当に済ませがちな食事も、ゆったり過ごせる日には、ちょっと特別なものを楽しみたい。贅沢するわけじゃない。おうちの食卓を囲みながら、手の届く"特別"を――。

そんなシーンにぴったりな商品がデビューしました。

パッケージはとってもシンプル。これ、一見普通のレトルト食品なのですが、レトルトだからと侮ることなかれ。国民的食品メーカーが気鋭フードデザイナーと共同開発した、さまざま意味で特別感のある実力派商品なんです!

【特別な理由1】レトルトとは思えない本格的なおいしさ。

2018年9月18日発売の「タコのエキスと旨み 8本足のメキシカン気取りのチリコンカンソース」は、スパイシーなおいしさがクセになるメキシカン料理「チリコンカン」を自宅で手軽に楽しめるレトルトパウチ食品

調理例

もともとチリコンカンはレトルト商品がほとんど販売されていないので、いざ自宅で食べようとすると、豆にスパイスに...とさまざまな食材を揃えて一から作る必要があるのですが、この商品があれば、他にゆでたこオリーブオイルを用意するだけでOK。

用意する材料はこれだけ。

ぶつ切りにしたゆでたこをオリーブオイルで炒め、ソースを加えて5分ほど煮込めば完成!

これをお気に入りの器に盛り付け、バゲットやクラッカーを添えれば、食卓が一気に華やぎます。自宅に友達が遊びに来た時に出すメニューとしてもぴったりで、センスのよさが光る一品でもあります。

編集部で作ってみました。

実際に東京バーゲンマニア編集部でも作ってみたのですが、なにこれおいしい5分程度で簡単に作れてしまうのに、味わいは驚くほど本格的

ピリッとした辛さとコリコリとしたたこの食感が食欲をそそり、タイムやオレガノなどの7種類のハーブや白ワインの香りが上品な余韻を残します。レトルトなのにこんなに美味しいのか...

【特別な理由2】:業界で引っ張りだこのおいしさを自宅で。

レシピを考案した細川芙美さんはケータリリングとお弁当を中心に活動しているフードデザイナー。

独特な感性の光る目にも美味しい彼女の料理は、インスタグラムで「美しすぎる」「センスの塊」と話題を呼び、女性誌やファッションブランドなどの撮影現場からも注文が絶えないのだとか。最近ではテレビ番組や女性誌にも登場し、着々とファンを増やしています。

百聞は一見にしかず。ちょっとインスタグラムの写真を見てみてください...美しさしかない...。

実は今回発売されたチリコンカンソース、細川さんのレシピを初めて商品化したものなんです。しかも通常、彼女のケータリングやお弁当は10人前からしかオーダーできないので、自宅で再現できる商品は貴重。まさに「手の届く特別」なんです。

【特別な理由3】メーカー名を見てビックリするほどの「意外性」。

ところでこの商品、どこから出てると思いますか? パッケージに書かれているブランド名は「かけるくらし by nagatanien」。そう、実はこれ、お茶づけでおなじみの国民的メーカー「永谷園」の商品なんです! なんという意外性!

パッケージ裏におなじみのロゴを発見!

かけるくらし by nagatanien」は、「わくわく・ほっとできる・寄りそう」をコンセプトに、毎日を忙しく過ごす働く女性に向けた新たなECブランド。

チリコンカンソースは同ブランド商品の第3弾で、これまでに味付けごま「GOMA」、レトルトスープ「GOOD SOUP」が発売されています。永谷園ならではの「安心感」と、今までのイメージにない「洗練された特別感」が同居する、どこか"攻めた"ブランドです。一見する限りでは、永谷園だと気付かないほど。

今回紹介したチリコンカンは151グラム(2人前)で、価格は税込680円。賞味期限は12か月と長いので、まとめ買いしてストックしておくのも◎

ECサイトでしか手に入らない「特別」な商品、是非チェックしてみて!

商品の詳細や購入は「かけるくらし by nagatanien」へ。

(編集企画)

* 記事内容は公開当時の情報に基づくものです。

PR

Instagram