2018/3/ 1

かき氷なのに温かい!? 表参道で味わえる「ホットかき氷」って?

「ホットかき氷黒」

東京・表参道にある台湾カフェ「Zen」では2018年3月1日から6月30日まで、オープン1周年を記念した「かき氷フェア」を実施。第一弾として冷たくて温かい「ホットかき氷」が提供されています。

3種がラインアップ

2017年4月にオープンした同店は、台湾で人気のスイーツやカフェ、飲み物を日本人向けにアレンジした斬新的なメニューを展開する台湾スイーツ・カフェの専門店。

中でもイチオシメニューは、海外セレブなどにアンチエイジングの美容茶として愛用されている「バタフライピー」です。台湾産の無農薬蝶豆花茶にローズマリーオレンジ・ミックスベリーエルダーフラワー・アップルミント・マンゴー・カルピスの5種をミックスすることで、色鮮やかで幻想的なドリンクに仕上げており、女性を中心に人気を博しています。

「バタフライピー」

そんな同店で6月末まで実施される「かき氷フェア」第一弾では、台湾でじわじわ人気が高まっているという、冷たい氷にアツアツのトッピングをした「ホットかき氷」が登場!

黒ゴマソースにブラックタピオカ、仙草ゼリー等の黒をベースとした「ホットかき氷黒」、練乳ソースにライチ、ナタデココ等の白をベースとした「ホットかき氷白」、人気メニューのマンゴーをたっぷり使用したかき氷"モテキ"をベースとした「ホットかき氷モテキ」の3種が用意されます。価格は各890円。

「ホットかき氷白」

「ホットかき氷モテキ」

詳細は、公式サイトへ。

* 記事内容は公開当時の情報に基づくものです。

ランキング Gourmet RANKING

Instagram