2018/1/19

成城石井ワインバーの「チョコフォンデュ食べ放題」、かなり高コスパなので皆行くべき

バレンタイン2018 成城石井

寒さが堪える今の時期だからこそ食べたい「チョコレートフォンデュの食べ放題」が、成城石井が運営するワインバー「Le Bar a Vin 52 AZABU TOKYO」各店で2018年2月13日から3月29日まで開催されます。

東京バーゲンマニア編集部ではひと足先に試食会に参加してきたので、詳しい内容をご紹介します!

こだわりの食材をチョコレートにディップ

チョコレートフォンデュ食べ放題では、成城石井の店舗で販売されている商品の中からシェフがセレクトした食材が提供されます。

目の前に運ばれてきたのは、色とりどりのフルーツ6種とスナック4種が乗った2人前。

チョコレートフォンデュ食べ放題(写真は2人前)

フルーツは酸味と甘みのバランスが良いイチゴ「とちおとめ」、日本人生産者がエクアドルで栽培した「田辺農園バナナ」、青森県産のリンゴ、フレッシュでジューシーなブドウとパイナップル、ブルーベリーと、どれもこだわりのものばかり。

さらに成城石井の隠れ人気商品「藻塩せんべい」、店内で揚げた北海道男爵のポテトチップス、マシュマロ、バゲットがワンプレートに盛りつけられています。

フルーツやスナックの多くは成城石井店舗でも販売されています

どれから食べるか迷ってしまいますが、シェフ曰く「パイナップルやブドウは甘みが強いので、1口目はイチゴから食べるのがおすすめ」とのこと。早速いただいてみると、濃厚なチョコレートの甘味の中に爽やかな果汁が溢れ出します。

肝心のチョコレートソースには、カカオ分56%のクーベルチュールチョコレートが使用されています。北海道純正生クリームと牛乳、香りづけのブランデーが少量加えられたチョコレート含有量約50%のソースで、甘過ぎずカカオの苦みも感じられます。

チョコソースはスナックとの相性も抜群。塩味と甘味の組み合わせが絶妙な美味しさを生み出します。「藻塩せんべい」は一風変わったメニューですが、マイルドな塩味がチョコレートの甘味を引き立たせます。甘じょっぱさがクセになる味わいで、厚みがありますが軽い食感なのでペロリといけちゃいます。

こちらは北海道男爵のポテトチップス

* 記事内容は公開当時の情報に基づくものです。

[続き]ワインとの相性も◎
1

ランキング Gourmet RANKING

Instagram