2017/3/29

絶対止めた方がいい豊胸手術方法とは? 形成外科専門医が警鐘を鳴らす

エイジング 整形 豊胸

肺などの組織が壊死するトラブルも

海外で認可されていない製剤が、なぜ日本で治療に使えているのでしょうか。

「現在、美容医療を含めた自由診療では、医師の自己責任で安全を担保して治療を行うことになっています。海外では使用が禁止されている製剤でも個人輸入等で入手し、治療に使うことができます。ヒアルロン酸は、時間が経つと体内に吸収されるため、注入後にトラブルが起こってもなんとかなるだろうと考える医師も残念ながらいるのです」

また近年、日本の豊胸施術で増えているという「ポリアクリルアミド」を使った治療について、塩谷先生は現段階では、絶対にすべきではないと強く言います。

「ポリアクリルアミドは、劇薬になるアクリルアミドという分子がいくつかつながっているものが含まれた製剤です。豊胸術では、『アクアフィリング』などと称して施術が紹介されていますが、その安全性は確かめられていません。ポリアクリルアミドは、体内に吸収されないため一度注入したら永久に効果が続くとうたわれていますが、裏を返せば、トラブルが起っても取り除くのは難しいとも言えます」

ポリアクリルアミドに限らず注入剤を使った治療は、アレルギーなどの異物反応、注入剤が血管につまって肺などの組織が壊死したりすることなどのトラブルが起きる可能性があります。

* 記事内容は公開当時の情報に基づくものです。

[続き]信頼できる医師を探すには
2

ランキング Beauty RANKING

Instagram