2016/11/24

「おいしいですう~」ご馳走写真撮りたがる女子!おごって得意になっていると・・・ああ、勘違い

モジョっこ 撮影 料理

男友達に誘われて試食会イベントに行ってきた。新規参入の農家を応援するクラウドファウンディングの対価として支援者たちに設けられた会だ。集まっていたのは30代から50代で、ざっと50人ぐらいいた。肩書きはそれぞれ違うが、共通しているのは美味しいものが食べたい、支援したいという熱い思いだ。とはいえ、いまいち会の熱気に乗りきれない。それは、支援している食材を使った料理が出てきたときに、一層強くなった。

試食イベントでも食べるより撮る

「みなさ~ん、でき上がりましたよお。さぁ、食べてください」

主催者が料理を中央の大きなテーブルに乗せる。すると、それまで店内のあちこちでオシャベリしていた男女が一斉に料理めがけて突進。左手に箸と皿、右手にはスマホがしっかりと握られている。料理を取り皿に盛ると、すぐさま写真を撮りだした。食べる前に撮るがお約束なのだろう。「料理、コッチにも見せて」「ちょっと押さないで」と異様な熱気だ。

はしゃぐおっさん、おばはんばかりで、どんな料理なのかちっとも見えやしない。撮影大会がひとしきり行われたところで、ようやく試食タイムですが、わずか10秒で皿が空く。カメラを持って最前線に陣取った人たちが大皿の料理をそのままパクリ。みんなに料理が回るように、少しずつ取り分ける意識はなさそうだ。

1分後、食べ終わった大人たちは相変わらずスマホに夢中で、いかに早く写真を撮って、味を確かめてSNSにアップするかということらしい。茫然としていると、「あれ、写真撮らないの?」と参加者の方に言われてしまった。

* 記事内容は公開当時の情報に基づくものです。

[続き]男への感謝など微塵もない女たち
1

ランキング RANKING

Instagram