2016/10/27

都道府県別「オトコの頭髪事情」 1番育毛剤を使っていたのは栃木県、1番お金をかけているのは...?

ヘアケア 女子会白書 薄毛

1位は餃子消費量だけじゃなかった

ダイエットが女性にとって永遠のテーマであるように、「頭髪」は多くの男性にとって大きな関心事です。特に「薄毛」は気にする人が多く、鏡の前で念入りにチェックしては一喜一憂している男性も少なくないようです。

ニッポンの男の頭髪事情を調査、都道府県別にまとめてみました! 意外な地域の男性のヘアケアコンシャス度にびっくりするかもしれません。

自分の頭髪に自信がない栃木県民

まず、日頃している頭髪ケアを聞いてみると、育毛剤の使用率がもっとも高い地域は「栃木県」で30.0%でした。なんと、3人に1人が育毛剤愛用者です。

栃木県民は自身の髪の状態を「健常だ」と認識している人が全国平均36.8%に対し、20.0%で全国ワースト1位。薄毛を自覚している人はもちろん、将来への不安から育毛剤を使っている人が多いようです。

北海道民も自分の髪が「健常だ」と感じている人が30.0%と低くなっています。具体的には「頭髪全体が薄くなってきた(56.7%)」という悩みが、全国平均と比べて22.1%も多い結果です。そのほか、「抜け毛が増えてきた」や「地肌の露出が目立ってきた」などの声も目立ち、薄毛の進行に危機感を感じている人が多いのも特徴です。

また、「髪の毛を最も気にしている」という点でポイントが高かったのは千葉県民。現在気になる頭皮の悩みはあるか、という質問には「非常に気になる」と高い関心を示した人が53.1%もいて、全国で1位でした。具体的な悩みの内容としては「髪の毛が細くなってきた(53.3%)」、「頭皮全体が薄くなってきた(46.7%)」、「抜け毛が増えた(43.3%)」など。

* 記事内容は公開当時の情報に基づくものです。

[続き]ヘアケアに〇〇円もかける大阪の男
1

Instagram