2016/5/ 7

映画「ヴィクトリア」/全編ワンカット撮影の140分 悪夢の一夜をノンストップで

サスペンス

(C)MONKEYBOY GMBH 2015

まぶしい光が交錯する独ベルリンのクラブで、激しく踊る女性ヴィクトリア(ライア・コスタ)。3か月前にスペインから来たばかり。帰り道に路上で地元の若者4人組に声をかけられる。ドイツ語を話せず、友人もいないヴィクトリアは、しばし楽しい時間を過ごすが、4人組は危ない事情を抱えていた──。

今のドイツ映画の勢いを感じさせる作品

全編ワンカット撮影の140分、すべてベルリンでロケ撮影。ヴィクトリアが巻き込まれる悪夢の一夜を、ノンストップで映し出す。セバスチャン・シッパー監督がわずか12ページのメモを渡し、俳優は即興演技に挑んでいる。ベルリン国際映画祭で銀熊賞など3賞受賞。注目を集めた作品だ。

ナンパのような出会いから、犯罪に巻き込まれるヴィクトリア。簡単に心を許す展開に甘さも感じあるが、ワンカット長回しの勢いでグイグイ観客を引っ張っていく。4人組は「刑務所で世話になった人物に借りを返す」と言い、ヴィクトリアも手伝うことに。運命の歯車は徐々に狂い始める。

中盤までは起伏がなく、まったりとした展開。その後「仕事」という名の犯罪が実行に移され、一気に悪夢の犯罪サスペンスに変わっていく。ワンカットのため片時も俳優から離れないカメラ。刻々変わる状況に合わせる柔軟な演出。若く躍動感あふれるキャスト。化学反応はプラスの方向へ転がり、観客の予想の一歩先を行くドラマが生まれた。今のドイツ映画の勢いを感じさせる作品だ。


「ヴィクトリア」(2015年、ドイツ)

監督:セバスチャン・シッパー
出演:ライア・コスタ、フレデリック・ラウ、フランツ・ロゴフスキ、ブラック・イーイット、マックス・マウフ
2016年5月7日(土)、渋谷シアター・イメージ・フォーラムほかで全国順次公開。作品の詳細は公式サイトまで。

記事提供:映画の森

* 記事内容は公開当時の情報に基づくものです。

(C)MONKEYBOY GMBH 2015

(C)MONKEYBOY GMBH 2015

Instagram