2015/9/30

「喫煙者とは恋愛できない」男女ともに約5割、スモーカーに突き付けられた辛辣な「NO」

たばこ 喫煙 女子会 女子会白書

年々肩身の狭くなる喫煙者

たばこを吸う人は恋愛対象になる――? 20代30代の独身男女に聞いたところ、「いいえ」と答えた人は男性が52.7%、女性が46.5%でした。男女ともに約半数の人が、喫煙者は恋愛対象にさえならないと考えているようです。愛煙家にとっては痛い数字ですね。

喫煙者はだらしがない?喫煙者は門前払いのワケ

「はい」と答えた人の理由は「自分も吸っているから」や、「そんな事は人間性に関係ないと思うから」など。

中には「かっこいいし、コミュニケーション能力高い子が多い」(男性/20代後半/東京都)と喫煙者に好印象を持っている意見もありました。確かに、愛煙家にとっては一服中のたわいない会話も楽しみだったりしますよね。

でも、条件付きで「はい」と答えている人が多いのも事実。

・「ヘビースモーカーは嫌です」(男性/30代後半/東京都)
・「ただし、吸わない人の前では吸わない人が良い。」(女性/30代後半/東京都)
・「あんまり望ましくないけどそれ以上の魅力があれば。」(女性/30代後半/大阪府)

許容範囲ではあっても、たばこに良い印象を持っていないようです。

「いいえ」と答えた人の理由は、かなり辛辣です。「臭いから」「タバコの臭いが嫌い」「キスは無理」などストレートな意見が数多く寄せられています。

「癌になってほしくないしなりたくない」「タバコは身体にも悪いし、吸ってない人までも不健康にしてほしくない」「将来の子供のため」など、副流煙で周りにも迷惑をかけることも理由に。

たばこを吸う人そのものの印象が悪いというケースも目立ちます。

・「喫煙者はだらしがないと思う」(男性/30代前半/東京都)
・「印象が良くない」(男性/20代後半/大阪府)
・「臭いし、健康にも悪いし、他人に迷惑をかけるときもあるしマナーの無い人が多いから。」(女性/30代後半/三重県)

かなりきっぱりと「いいえ」を突き付けているのが分かります。

喫煙者は年々肩身が狭くなりますね。ここらへんで、たばことの付き合い方を変えてみるのも一つの手かも知れません。

* 記事内容は公開当時の情報に基づくものです。

Instagram