2015/4/22

観光地めぐりに飽きたら「体験」してみない? 遊びの予約サイト「asoview!」ユーザーに聞いてみた

asoview! あそびゅー! アクティビティ

はじめまして! こんにちは。株式会社もしもの広報担当、小野です。私もご多分にもれず、平日は会社と自宅の往復で終わり、休みも家事以外はボーっとする日々。少しでもハッピーを与えようと考えていたところ、私にピッタリのサービス「asoview!(アソビュー)」のことを教えてもらいました。

「アソビュー」はイルカウォッチングや陶芸体験、テレビCMで話題のフライボードなど、いろいろな「遊び」と「体験」を予約できるサイト。どれも楽しそうで、検索しているだけで興奮します! そこで今回は、アソビューでキラキラ体験をしているユーザーさんにお話を聞き、ちゃっかり私もシュミ活デビューしてきました!

「引き出物」を手作りしました!

tbm129720_pho01.jpg

私のわがままにお付き合いいただいたのが、外資系金融機関で働く宮本友紀さん(26)。バリバリ働く一方で、昨年結婚して、5月には挙式するそう。仕事もプライベートも充実している素敵ウーマンです。最初にアソビューを利用したのは、会社の旅行で沖縄に行ったときのこと。

「自由時間にみんなで遊ぼう! と思い、体験ダイビングを申し込みました。旅行会社だとプランの一部として用意されていますが、体験だけって意外と予約できないんですよね。どうしようか悩んでいたところ、知り合いから『体験だけ予約できるサイトがあるよ』と教えてもらいました」

たしかに観光情報や、ご当地グルメのサイトは見たことあるけど、遊びや体験を調べられるサイトって知らないかも。宮本さんは旅行だけでなく、「結婚式の引き出物の手作り」まで、アソビューを利用したそうです。

「母の地元が佐賀なので、佐賀の伝統工芸品『ビードロ』(ガラスの器)を贈りたかったんです。自分たちでオリジナルを1個作れば、同じ形のものを量産してくれるプランだったので、オリジナルのビードロを引き出物としてお渡しする予定です」

旅先では観光地めぐりだけでなく、「体験を通して現地のことを知りたいな」という宮本さん。自分たちだけでなく、「外国のお友達が日本に来た時や、親が東京に遊びに来た時に、いつも浅草や東京タワーでは飽きると思うので、日本の文化体験や、新しい遊びを探してあげます」とのこと。なるほど。体験を通して、お・も・て・な・しにも繋がるんですね。真似させてもらいます!

* 記事内容は公開当時の情報に基づくものです。

[続き]「体験を通して、自分の成長にもプラスを」
1

特集SPECIAL

特集

Instagram