2013/8/ 9

参加・不参加派で意見真っ二つ! 職場飲みの「2次会」はどうすべき?

二次会 会社 女子会白書 飲み会

「プライベートな時間」と「仕事の付き合い」、どっちが大切?

会社員たるもの「飲み会」は欠かせない行事。しかし、職場の人たちとの"飲みにケーション"は大切だと思いつつも、2次会となると少し腰が引けてしまうという人は少なくないのでは?

参加すると、後々仕事がやりやすくなる?

IT関係のビジネスパーソン425人を対象にしたアンケート調査をみてみると、2次会に「とりあえず参加」という人は53%「とりあえず不参加」という人は47%となり、ほぼ半数ずつに分かれました。

「参加」派には、1次会からの惰性で顔を出してしまう人や、カラオケなど1次会にはなかった楽しみを求めて参加するという人が多いようでした。「仕事の一環と考えて参加します。実際、飲み会で会話していたことで後々仕事がやりやすくなることも」(20代女性)、「雰囲気によりますが、普段は話ができない社長や取締役と話せる機会だったりするときは、くっついていきます」(50代男性)など仕事上のメリットを指摘する声もあがっています。

* 記事内容は公開当時の情報に基づくものです。

[続き]不参加派は「時間の無駄」「1次会も苦痛なのに・・・」
1

Instagram