2013/5/28

大人のSNS対策 ~フェイスブックでカレの浮気が発覚!? その時あなたは~

彼のケータイ見る? 見ない?? 動かぬ証拠、51の見つけ方 [単行本]

マーケティングライターの牛窪恵です。最近、『ホンマでっか!?TV』(フジテレビ系)に出演した際、ツイッターやフェイスブックなど "SNS" のホンマでっかネタ、をお話する機会が増えました。いつでも気軽にカレとつながれるSNS、でも反面、それが「束縛」や「浮気調査」にもつながるようで......

tbm98609_pho01.jpg
●「仕事が入った」と突然カレにデートをキャンセルされた翌日、フェイスブックにはタグ付けされた合コン写真が。カレは数分後、タグを消して誤魔化そうとしていたけど、遅いって!しばらく連絡を絶ちました。(マミタス/20代)

●少し前に、好きな同僚のフェイスブックやツイッターをチェックし始めて、止まらなくなった。常に最新の書き込みをチェックしたり、友人関係まで探ったり。途中で自分を取り戻したけど、一時は自制が効かなかった。コワイコワイ!(ありとも/20代)

マミタスさんも、ありともさんも、どちらもカレや好きな男子のSNSをチェックして「もしや?」「この子と怪しいんじゃない?」など、つい想像が膨らんでしまったパターン。よく分かります。

ある調査でも、「恋人のSNSサイトや、チャット系アプリ(LINE、カカオトークなど)の使用履歴をチェックしたことがある」男女の割合は、10代・20代で27.1%と4人に1人以上もいます(12年 ネオマーケティング調べ)。

そう、カレや好きな人のSNSをついチェックしたくなるのは、自然の流れ。しかも、もしそこで "怪しい兆候"を見ちゃったら、「はい、ここまで」「続きはWEBで!」なんて、打ち切るわけにもいかない。

ではどうすれば? ......方法は2つです。

初めからSNSを封印

1つは、初めからカレや夫のSNSは見ないこと。ありともさんのように、まだ交際前なら、フェイスブックでその人の趣味を探って、「よし、あの人が好きな"ミスチル話"で盛り上がろう」など、情報収集に役立つこともある。でも、すでに親しいカレや夫は......SNSでなにか知っても、あまりメリットはありませんよね。

いまSNSを二人の連絡用に使っているなら、「SNSだと寂しいな。やっぱメールかLINEでちょうだい」と、なるべく別の方法を促してみましょう。そしてひと言。「私もあなたに干渉しないから、あなたも私のSNS見て、ああだこうだ言わないでね」と、釘をぐさり。

それでもやっぱり、SNSが気になってしょうがない。つい何気なくチェックしたら、偶然カレや夫の"怪しい兆候"を見つけちゃった、というときは......

* 記事内容は公開当時の情報に基づくものです。

[続き]まわりを巻き込んでストレス解消
1

プレゼントPRESENT

Instagram