2011/5/27

日傘で判断される レディとおばさんの分岐点

エイジング

あなたはどっちの色を選ぶ? 黒か白

黒い日傘も最近はデザインがいろいろ
黒い日傘も最近はデザインがいろいろ

日傘の人気色は黒と白。

見た目には白の方が涼しそうに見えますね。黒は重くて、暑苦しい感じがしますが、毎年根強い人気色、それはいったいなぜなのでしょうか?答えは、光の吸収にあります。

黒は、光が当たるとすべての光の波長をこの黒い部分で吸収します。ということは肌の天敵の紫外線も肌に届かないようなります。

白い傘は周りから見ると涼しげにみえますが、白は黒ほどは紫外線をよけてくれません。吸収しないで反射してしまう光の波長があるからです。ですので、生地にUV加工が施されているものを選ぶとよいでしょう。

機能を重視して、黒い傘を持つ場合は、全身のコーディネートが黒づくめにならないように気をつけましょう。洋服も黒の上下だと、喪服みたいです。黒の分量が多い洋服を着るときは、白い傘がおすすめです。バックやスカーフ、アクセサリーなどに黒以外の色を使うのもいいかもしれません。

黒い傘が重宝されるのは、かちっとしたビジネススーツの場合。同じフリルの傘でも、白より黒のほうが辛さが出て、全体のバランスがよくなります。

可能なら、黒と白の両方を持つとコーディネイトの幅が広がって便利です。レディに見られたいなら全体のバランスを日ごろから考えるようにしましょう。

歩くときは、日傘の柄と体の中心を合わせて。このラインの延長上に足を出すようにするとキレイです
歩くときは、日傘の柄と体の中心を合わせて。このラインの延長上に足を出すようにするとキレイです


秋山いずみ 秋山いずみ

カラー・イメージコンサルタント、ウォーキング・インストラクター。「BalanSense(バランセンス)」主宰。パーソナルカラー、マナー、メイクアップ、骨格にあったスタイリングなどをテーマにしたセミナーを開催するほか、個人向けにショッピング同行やウェディングのトータルコーディネートなどを行う。
最新のセミナー情報 http://www.balansense.jp/index.html

* 記事内容は公開当時の情報に基づくものです。

3

特集SPECIAL

特集

ランキング RANKING

Instagram