ローソンストア100の激辛ポテチ「とんがらビーフ」、やっぱりヤバかった

SNSで話題 プチプラおやつ ローソンストア100 編集部レビュー

2017年5月に発売され、その刺激的な辛さからSNSで大きな話題を呼んだ「ローソンストア100」と「山芳製菓」のコラボレーション商品「ポテトチップス とんがらビーフ」を知っていますか?

「ローソンストア100」各店では2017年10月25日から再販売が始まっています。これ、一体どれくらい辛いのでしょう...? 前回挑戦しそこねた東京バーゲンマニア編集部員はさっそくこれを入手してきました!

辛いもの苦手&得意な記者がそれぞれ挑戦!

「とんがらビーフ」は「わさビーフ」でおなじみのヤマヨシとローソンストア100のコラボが生んだ商品。50グラム入りで価格は税込108円です。

パッケージが強い

「唐辛子の刺激が強いので、辛みが苦手な方は十分にご注意ください」

見た目はそこまで辛そうではないのですが...

まず1枚

まずは辛いものが苦手な記者が挑戦。恐る恐る口に入れてみると、思いのほかビーフの味わいが感じられ、辛さもそれほど...と余裕をかましながら噛むこと数回。――口内に異変が起きました。あ、本当だ、辛い

甘く見たことを反省しつつ飲みこんだのですが、しばらく経っても口の中がピリピリ。のどが痛いです。

次に辛い物が得意な別の記者が挑戦。「大丈夫です。美味しい」とすまし顔。...しかしそのまま食べ続けていると「...かなりきますね。でもビールに合うし、辛いもの好きにはたまらないかもしれないです」とのこと。感じ方には存分に個人差があるようですが、やはり相当な辛さであることには間違いありません。

再販後、SNSでもさっそく食べた人たちからは

「舌のヒリヒリが止まらない!三途の川が見えそうになったわw」
「カラムーチョ感覚で舐めてるとやばいな」
「冗談じゃない。生のハバネロとかブートジョロキアレベル。殺す気か」

といった声が上がっています。

ちなみに「とんがらビーフ」は数量限定商品(6万6000個)。辛いもの好き、怖いもの知らずなアナタは早めにお試しあれ!

SNSで話題の「プチプラおやつ」はこちらをチェック:
東京バーゲンマニアの「プチプラおやつ」記事

ランキング Gourmet