話題の「チェルシーシェイク」 "非"甘党の記者が飲んでみたところ...

SNSで話題 マクドナルド マックシェイク 編集部レビュー 非甘党だけど…

マクドナルド全店では2017年9月13日からマックシェイクの新フレーバー「チェルシー」の販売がスタートしました。

明治の人気キャンディー「チェルシー バタースカッチ」の美味しさをシェイクで再現したとのことで、発売前からSNSでも大きな話題に。ただ「美味しそう!」という反応が目立つ一方で、「甘そう...」という反応も少なくありませんでした。そんな慎重派のために、東京バーゲンマニア編集部の"非甘党"の記者がチェルシーシェイクに挑戦してみました。

Sサイズはパッケージもチェルシー柄!

マックシェイクに発酵バターをじっくり煮詰めた濃厚でコクのあるバタースカッチシロップを投入しているという、こちらの商品。Sサイズ(120円)Mサイズ(200円)があり、Sサイズはチェルシーならではのパッケージで提供されます(数量限定)。

近くのマクドナルドでさっそく入手! コラボ感を楽しみたいのでパッケージの可愛いSサイズにしました。

まずはひと口。おおぉ、これは確かにチェルシー...!

バタースカッチならではの濃厚さが感じられ、味の再現度はかなり高いと感じました。まさしく"飲むチェルシー"です。

ただ、甘さもなかなかのもの。もちろん本物のキャンディーと比べれば甘さは控えめですが、普段ブラックコーヒーやビールがメインの記者には、かなりのインパクト! 飲むごとにノドに甘さがしっかり残るので、ゴクゴク飲むというよりは、ゆっくりちょっとずつ飲むのがちょうどいいペースでした。

非甘党は"飲むスイーツ"だと思うようにすれば、案外すんなり馴染めるかもしれません。途中から「コーヒー欲しいな」と感じていたのも、これがあくまで"スイーツ"だからだと考えれば納得。

実際、ネット上でも非甘党とみられる人々から

「あとに飲んだコーヒーがエスプレッソに感じる!」
「ホットコーヒーも頼んで良かったw 想像以上に甘い」
「こ、、、、コーヒーほしい、、、、、、、チェルシーあまい、、、、、」

といった声が上がっていました。

甘いものがあまり得意でない人はSサイズをオーダーし、コーヒーも用意しておけば、きっと楽しめるはず。人気商品同士のユニークなコラボレーションは、非甘党であっても試してみる価値あり! 10月上旬(予定)までの期間限定なのでお早めに。

ランキング Gourmet