夏デートに使える! 浴衣で無料&割引になるスポットまとめ

浴衣

浴衣でおでかけ

日本の夏の特別な装いといえば「浴衣」。夏祭りや花火大会に着ていく人は多いかもしれませんが、それ以外のお出かけではなかなか出番がないですよね。

でも、浴衣を着ていくと入場が無料になったり、割引サービスを受けられたりすることって実は意外とたくさんあるんです。ということで今回は、都内の「浴衣割引スポット」をまとめてみました。夏のお出かけの参考にどうぞ。

夜景、納涼船、寄席...

まずは六本木ヒルズ展望台 東京シティビューの「スカイデッキ」。2017年7月15日から8月27日まで期間、浴衣を着ていくと通常500円のスカイデッキへの入場料が無料になります

スカイデッキは、展望台「東京シティビュー」の屋上で、海抜270mに位置する屋外展望台。展望台そのものへの入場料(一般1800円)はかかりますが、都内が一望できる好立地で、スカイツリーと東京タワーを同時にみることができるロマンチックなスポットです。

期間中は通常より2時間延長した22時までオープン(最終入場は21時30分)。浴衣で六本木デートを楽しんだあと、最後の締めくくりとして行ってみるのもいいかも。甚平もOKです。

夜景を見ながらの優雅なクルージングが楽しめる「東京湾納涼船2017」(6月30日から10月9日まで)では、平日限定で浴衣を着ていくと乗船料金が1000円オフになります(甚平は対象外)。通常の乗船券(2600円)なら1600円に。乗船券には、生ビールやワイン、サワーなどの飲み放題が付いています。この価格で飲み放題とクルージングが楽しめるのは確実にお得です。

全日予約制なので、事前に電話かWEBでの予約が必要。当日、窓口で予約番号を伝える際に「浴衣割引」を利用したい旨を伝えてください。

浴衣でのお出かけがぴったりな「寄席」も割引になるスポットがあります。「浅草演芸ホール」では7月1日から8月30日まで(7月31日、8月11日から20日は除外)、浴衣を着ていくと通常2800円のチケットが2300円になります

落語以外にもマジックや漫談、紙切りなどの「いろもの」も楽しめるので肩肘を張らずに気軽に行ってみては。甚平や作務衣は対象外なのでご注意を。寄席の前後に浴衣で浅草デートを楽しむのも雰囲気があっていいですね

また、人気のサンリオキャラクターと触れ合える「サンリオピューロランド」でも、7月1月から9月3日まで浴衣や甚平を着ていくと通常3300円(休日は3800円)の入場料が2500円になります。当日、浴衣または甚平を着用の上、チケット窓口で公式サイトのクーポンページに表示されている「QRコード」を見せればOKです。

期間中は園内に50万球のLEDを使ったイルミネーションが施されるほか、人気キャラクターが浴衣姿で登場します。浴衣で一緒に写真を撮れば、思い出深い1枚になりそうです。

お祭りや花火大会以外ではなかなか活躍の場がない浴衣ですが、意外にも多くのお得なサービスが受けられます。せっかくなので、この夏はたくさん浴衣を着てお出かけしてみては? 気分も盛り上がること間違いなしです。

浴衣

ランキング Life