100円オーバーしても欲しい! ダイソーのひとめぼれ級インテリア3つ

ダイソー 買うべき100均アイテム

100円均一ショップだというのに、ダイソーの店内を見渡すと、150円、200円、250円、300円のアイテムがちらほら見つかります。100円だと思ってカゴに入れ、お会計時にハッとすることもありますよね。

けれど100円均一があえて「100円以上」の商品をつくるということは、「均一ルール」を破るだけの価値があるもの...という見方ができるかも。東京バーゲンマニアでは今回、100円オーバーしても欲しくなるひとめぼれ級のインテリアグッズを3つ厳選してきました。

3つ買っても1000円以下!

▼「連れて帰ってニャー!」 凄まじい眼力の猫クッション

棚の前で急ブレーキがかかること間違いなし。何しろ5センチほどの大きな目がいくつもこちらを直視しているのですから。猫の顔写真がプリントされたクッションは、38センチ×38センチで膝の上に乗せるのにちょうど良いサイズです。この日、記者は4タイプを確認できました。216円でお持ち帰りできます。

▼立体文字盤がキュート シンプルな目覚まし時計

丸みのある長方形に黒い文字盤と針のシンプルな目覚まし時計です。プラスチック製ですが、全体のアイボリーカラーと立体的な文字盤によって、陶器のような雰囲気に仕上がっています。ライト付きで暗闇でも時間をチェックできるのは嬉しいところ。価格は324円。別途、単三乾電池を購入する必要があります。

▼肌触りも合格 北欧柄のフロアマット

群青っぽいニュアンスカラーに白いプラスマークが並ぶ北欧柄のフロアマットは、マイクロファイバー製です。サイズは40センチ×60センチで、一人暮らしの玄関や洗面台にぴったり。324円。同じ柄のトイレマットや便座のふたカバーも324円でラインアップされています。

100円をオーバーしてしまった商品からは「それでも売りたい!」という企画担当者の熱意を感じます。200円や300円の値札を見ると高く感じてしまいますが、冷静に考えたら、それでも激安ですよね。今後も優秀デザインの商品が登場しそう。期待が高まります!

※紹介した商品は6月1日時点に販売されていたものです。

ダイソー 買うべき100均アイテム

今月の特集

今月の特集

ランキング Life

人気の写真・動画

TBMおすすめサイト

  • 世界のファッションが集まるマーケットモール | ファッション通販waja(ワジャ)